« 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三 10/10 | トップページ | 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  8/10 »

2024年5月 5日 (日)

新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  9/10

 安本 美典            記2019/09/17 追記2020/10/06 2024/05/05
私の見立て ★★★☆☆ 古典的卓見の現状確認

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲していることをお断りします。

〇安本氏見解の総括~承前
(4)福岡県太宰府市、太宰府天満宮に伝来する『翰苑』の九世紀写本は、卑弥呼の宗女の名を「壹與(壱与)」ではなく、「臺與(台与)」と記し、その都を記すのに、「馬臺(台)」と、「臺(台)」の字を用いている。これは、十二世紀以後の版本と異なっている。

コメント:「翰苑」は、前項の例外と見えますが、衆知の如く、「善本」、つまり、良質の写本ではないので、精査すれば論拠に不適格であることは明確です。
 ちょっと困るのは、この「翰苑」現存断簡に見える用字/用語が誰のものか、不明確だと言うことです。雍公叡の付注、張楚金の正文、いずれかの史書の引用、どれであるかで、判断は変わります。どうも、史書ならぬ「翰苑」は、史書原文の用字を必ずしも維持していないようですから、論拠として不適格ではないでしょうか。
 それに先立ち、「翰苑」写本断簡の史料批判がされていませんが、同断簡は、明らかに、九世紀写本時点の「翰苑」原文に忠実とは思えません。「誰も原本を見たひとがない」ので、厳密な議論はできませんが、断簡に多数見られる明らかな誤写、誤記は、当史料が、原本と厳密に照合・校正された正確なものでなく、粗忽に所引された佚文であることを示していると見えます。
 原本ないしは忠実な複製品(レプリカ)であれば、論証資料に採用できますが、低劣な写本や佚文は、単なる参考資料に留めた方が良いのではないでしょうか。
 但し、このような論法は、当方が、かねて「倭人伝」現存刊本に対する批判手法として不適格と批判しているものですから、いわば、諸刃の剣であるかも知れませんが、それは、お互い様ではないでしょうか。
 また、「翰苑」の仮想原本は、写本の際の修飾が避けられず、引用資料の忠実な引用でないと思われます。何しろ、同断簡は、「翰苑」全巻でなく、断簡に過ぎず、また、現存唯一の史料ですから比較検証できず、以上の判断は検証困難であることは否定できないと思われます。佚文扱いが妥当でしょう。
 因みに、「翰苑」を史書史料として評価するためには、早い段階で校訂を加えて、誤字、乱丁を解消し史書形式で復刻した良質史料の評価が不可欠であると見ますが、これまで、見過ごされているのは大変残念です。
 翰苑 遼東行部志 鴨江行部志節本 *出典:遼海叢書 金毓黻遍 第八集 「翰苑一巻」 唐張楚金撰 (loginが必要)
 據日本京都帝大景印本覆校 自昭和九年八月至十一年三月 遼海書社編纂、大連右文閣發賣 十集 百冊

(5)いま、三世紀の女王国名は「邪馬臺(台)国」宗女の名は、「臺与(台与)」であったと仮定してみる。そして、九世紀~十一世紀の間に、誤写、または、誤刻がおきたのだと、考えてみる。現行『三国志』版本に、「邪馬壹(壱)国」「壹與(壱与)」とあるのは、誤写、または、誤刻によって生じたと考えてみる。

コメント:仮定の設問は「お好きになさい」と言うところです。

(6)このように考えると、『後漢書』『梁書』『北史』『隋書』『通典』『翰苑』などに「臺(台)」の字が用いられている事実を、古田説よりも、はるかに、簡明に説明できる。(古田氏は、『後漢書』などに、「臺」の字があらわれる理由を、つぎのように説明する。すなわち、五世紀になり、南北朝の対立、五胡十六国の出現という時代になって、「臺(台)」の字は、各国の都の名に用いられるようになり、「臺」の字の性質は、変わってきた。したがって、五世紀になって成立した『後漢書』に、「邪馬臺国」が出現してもふしぎはない------。しかし、この古田説では、三世紀に「邪馬壹国」であった女王国の名を、『後漢書』が、とくに、「邪馬臺国」に改変しなければならなかった理由が、十分に説明されていない。三世紀の女王国の名が「邪馬壹国」であるならば、『後漢書』も、それを記すのに、「邪馬壹国」と記すのが、自然ではないか。)

                                未完

« 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三 10/10 | トップページ | 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  8/10 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

季刊 邪馬台国」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

刮目天 一(はじめ)さん
 今回、一連の記事を補充、更新してみると、貴兄のコメントに対して直接返信せず、当方の記事を上げていたことに気づきました。これでは、コメント無視になると反省しました。
 と言う事で、決して、無視、放置していたのではないのですが、回答済みの内容との重複をご容赦いただくという事で、端的な回答をお送りします。

 安本氏の「「倭人語の解読」(勉誠出版)」は、早速購入、熟読し、引用元の森博達氏の著書も熟読しましたが、貴兄の理解は早合点と思われます。つまり、「ご指摘の「結論」は、書かれていない」と考えます。
 両氏の意見は、(前提条件に基づいた精緻な分析であり)、明快ですが、「三世紀倭人伝に収録された言葉」と「八世紀ヤマト言葉」とは、地域・時代が隔絶していて、「前者が後者に順当に継承されたという証拠がない」ので、「倭人伝に書かれた言葉の発音法則がどうであったか、確定的な回答は存在しない」、つまり、「今日に至るも未確定の命題である」と言う学術的なものと読み取りました。よろしく、ご確認ください。
 つまり、「貴兄が書かれているような明確な結論は得られていないので、安本氏はこの場で表明していない」という事だと思います。当方が、安本氏の学究の徒としての姿勢に、絶賛を惜しまない由縁です。

 以上の見解に疑問を持たれるようでしたら、安本氏に問い合わせていただければ幸いです。

 因みに、後半に書かれている貴兄の信条は、当方が、軽々に云々すべきことではないので、回答を控えさせていただきます。

 以上、回答の不備の補充という事で、ご報告まで。

ToYourDay
>
>失礼します。とても興味深く拝見させていただきました。ありがとうございます。
>邪馬台国か邪馬壹国かの問題は、すでに安本先生が「倭人語の解読」(勉誠出版)平成15年,p.15で「上代の日本語では母音がふたつつづくことはさけられていたので、・・・」と指摘されていましたので解決したものと考えていました。つまり、当時はヤマイーあるいはヤマイチなる言葉はなかったと考えています。先生がご指摘のとおり381回講演会ではすでによく知られた論点が多く、何故この点に言及していないのか不思議におもいました。
>
>それから、安本先生が公理からスタートする演繹法の論理を挙げていましたが、古代史解明ではあまり向かないことが多くの研究者がいまだに解明できていないことから証明されています。むしろ公理とされている業界の常識を疑い、結果から何が起こったかを推論するアブダクションの手法が有効だと分かりました。
>
>「古代史の盲点はここだ(^_-)-☆」https://blog.goo.ne.jp/katumoku10/d/20180918
>
>「古代史を科学するには」https://blog.goo.ne.jp/katumoku10/d/20190731
>
>つまり、同時代に書かれた政治文書の魏志倭人伝を正しいとして自説に合うように解釈し、論理を組み立てる従来のやり方は誤りで、むしろ女王国に政治的な思惑の無い范曄を頼りにすべきだということから、「新唐書」「宋史」にある「日本は古の倭の奴国」という記述を仮説として検証して、日本建国の真相や邪馬台国について解明できました。
>
>従来の木を見て森を見ない演繹的な手法が混乱の元だったということです。
>
>よろしければ拙ブログについてご批判を頂けると有り難いです。どうぞよろしくお願い致します。どうもお邪魔しました。

失礼します。とても興味深く拝見させていただきました。ありがとうございます。
邪馬台国か邪馬壹国かの問題は、すでに安本先生が「倭人語の解読」(勉誠出版)平成15年,p.15で「上代の日本語では母音がふたつつづくことはさけられていたので、・・・」と指摘されていましたので解決したものと考えていました。つまり、当時はヤマイーあるいはヤマイチなる言葉はなかったと考えています。先生がご指摘のとおり381回講演会ではすでによく知られた論点が多く、何故この点に言及していないのか不思議におもいました。

それから、安本先生が公理からスタートする演繹法の論理を挙げていましたが、古代史解明ではあまり向かないことが多くの研究者がいまだに解明できていないことから証明されています。むしろ公理とされている業界の常識を疑い、結果から何が起こったかを推論するアブダクションの手法が有効だと分かりました。

「古代史の盲点はここだ(^_-)-☆」https://blog.goo.ne.jp/katumoku10/d/20180918

「古代史を科学するには」https://blog.goo.ne.jp/katumoku10/d/20190731

つまり、同時代に書かれた政治文書の魏志倭人伝を正しいとして自説に合うように解釈し、論理を組み立てる従来のやり方は誤りで、むしろ女王国に政治的な思惑の無い范曄を頼りにすべきだということから、「新唐書」「宋史」にある「日本は古の倭の奴国」という記述を仮説として検証して、日本建国の真相や邪馬台国について解明できました。

従来の木を見て森を見ない演繹的な手法が混乱の元だったということです。

よろしければ拙ブログについてご批判を頂けると有り難いです。どうぞよろしくお願い致します。どうもお邪魔しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三 10/10 | トップページ | 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  8/10 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ