« 新・私の本棚 水林 彪 「漢武帝・宣帝の半島・列島支配 5/6 再構成 | トップページ | 新・私の本棚 水林 彪 「漢武帝・宣帝の半島・列島支配 3/6 再構成 »

2024年5月24日 (金)

新・私の本棚 水林 彪 「漢武帝・宣帝の半島・列島支配 4/6 再構成

中国古代帝国主義の東夷支配:その始まり」 『纒向学の最前線』 「纒向学研究」 第10号
桜井市纒向学研究センター「センター設立10周年記念論集」 2022/7 
私の見立て ★★★☆☆ 未完の大器 瑕疵幾度  2024/05/13, 05/17, 06/17

1.「46頁以下」(承前)
 素人目には、『魚豢「西戎伝」は、魏朝西域事績をほとんど含まず、後漢事績を曹魏が禅譲により全て承継したとした』が、陳寿は「後漢西域都督の撤退を継承した曹魏の西域支配の形骸化を明示するのを避ける」ために「西域伝」を割愛し裵松之は陳寿の判断の裏付けとして魚豢「西戎伝」全文収録したと見えます。疑問の方は、魚豢「西戎伝」から後漢事績を取り除いて再読頂きたいものです。

 渡邉氏は、魚豢「西戎伝」の字数を重視し、「西戎伝」眼目の大国「安息」記事を近傍の弱小な浮草「大秦」記事と取り違えた前世誤解に流されて「列伝に相応しい」としますが、遺憾ながら、渡邊氏は晋朝史官でないので、あくまで局外者の私見です。

 渡邊氏は、凡百論客の「軽薄な陳寿批判」と当然格別ですが、本新書は、何しろ「邪馬台国」論の新書/文庫版分野でのベストセラーを目指しているので、学術書の厳密さを離れ、数多い凡百論客に阿(おもね)り、時に筆が鈍(なま)り、時に筆が撓(たわ)んでいるのではないかと危惧する事態です。
 それかあらぬか、渡邊氏は、一旦下した「推測」の裏付けにもう一つ「推測」を括り付けたために、二人三脚で共倒れする一種自損行為かと危惧します。
 論拠の数を増やすと、それぞれに内在する瑕疵が堆積し斜陽の途をたどるものです。史学分野は、論考裏付けは数量/質量頼り「多多益益弁ず」(項羽)が最後の隠れ家のようですが、鉄壁ならぬ紙と藁の小屋では、いくら壁を増やしても、「隠れ家」になっていないとみえるのです。
 渡邊氏は、当然、かかる悪習に無縁であり、魚豢「西戎伝」論を、言わば急場の援軍、奥の手として起用したようですが、敗勢反転の援軍なら、先鋒に立てて快刀乱麻とすれば良いのにと思うものです。
 渡邊氏は、疑問の多い「西域伝」事例で、「陳寿が曹魏夷狄伝に懐疑的」と敷延した後、にも拘わらず「東夷伝」を集録したのは、明帝景初年間の司馬懿遼東制覇で「それまで遼東公孫氏が長年阻止していた東夷制御が開通した功績」を顕彰するためとしていますが、些か浮評とみえます。司馬懿の遼東制覇は、明帝の遼東/東夷観に命じられた軍事的なものであり、明帝自身は、勅命による遼東/帯方両郡回収で、両郡の東夷教化を皇帝自身の功績としたものであり、以後、用済みの司馬懿を任地に戻す意図であったと事実上明記されています。勅命に即応しなければ誅伐であり司馬懿は即座に関中に帰任していたはずです。
 ところが、明帝病臥により、皇帝千秋の際、有力者による幼帝傀儡化を抑止するために対抗する司馬懿が招致されたとされます。ここには、さすがに司馬氏正当化の造作が見て取れますが、明帝臨終の床で継嗣曹芳を遺託された感動的な「物語」であり、遠隔の「倭人」は意義のないものと見るものではありませんか。

 ちなみに、「三国志」「蜀志」では、蜀漢創業者劉備先主が、白帝城における臨終の場で宰相諸葛亮に遺孤劉禅への忠誠を取り付けた「物語」が遺されていますが、諸葛亮が、終生、後主「劉禅」に奉仕したのに対して、司馬懿は、少帝曹芳を廃位に追い込み曹魏終焉の道を開いたと「忠実」に描かれていますから、陳寿の筆は、司馬氏に媚びない史官の筆であることが明らかです。

 当分野の論客として声望の高い岡田英弘氏は、「現代日本人論客」の軽薄な陳寿批判について、『陳寿は、当時最高の人材であり、その希有の人材が身命をかけ半生を費やして編纂した「魏志倭人伝」を(陳寿から見て)二千年後生であって、(晋朝史官として要求される必須の)教養を有しない東夷が「安易に」批判するのは僭越の極みである』と云う趣旨で、小声で毒消ししています。
 要するに、「半人前の野次馬が、寝間着で表に出て、当時最高の専門家に喧嘩を吹っかけるのは、了見違いも甚だしい」とも受け取れる、誠に順当な指摘と思われます。「死人に口なし」。野次馬が売った喧嘩に、陳寿から一切反撃はないから安心でしょうが。

 先賢の警句に拘わらず、凡百論客の「軽薄な陳寿批判」は、水たまりのボウフラの如く、後から後からざわめいていますが、当節、新参者の意欲を削がないようにと言うことか、無粋な警句は流行らないようです。

                                未完

« 新・私の本棚 水林 彪 「漢武帝・宣帝の半島・列島支配 5/6 再構成 | トップページ | 新・私の本棚 水林 彪 「漢武帝・宣帝の半島・列島支配 3/6 再構成 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

纒向学研究センター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 水林 彪 「漢武帝・宣帝の半島・列島支配 5/6 再構成 | トップページ | 新・私の本棚 水林 彪 「漢武帝・宣帝の半島・列島支配 3/6 再構成 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ