« 今日の躓き石 毎日新聞 名人戦観戦記の「屈辱」 | トップページ | 新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」1/2 補充 »

2024年5月22日 (水)

新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」2/2 補充

「乍南乍東」 2024/05/19
私の見立て 考古学記事全般 ★★★★☆ 当記事 ★☆☆☆☆ 大変不出来/不勉強 2024/05/22 補充2024/06/16

考察 承継
 古田(2010)説は原文に「海岸水行」と書かれる個所をことさらに無視しており、原文を尊重しない都合の良い解釈といえる。

コメント:
 「古田(2010)説」は、「循海岸水行」を、漢江扇状地陸行を避ける部分行程とする点で誠に論点が明快であり、これを原文「無視」と見るのは、浅薄である古田説は、第一書『「邪馬台国」はなかった』(1971) が初出、ほぼ創唱であり、以後、維持されているので、 そのように明記すべきであろう。他説は、概して氏の提言を克服できていないものであり、「新古」子は、ここに示されたように、古田説を理解していないので、罪が深いのである。
 以下、「古田(1971)説」では、行程は、半島西岸に上陸して、以下、一路陸上街道で韓国歴訪するので、上陸地点以降の海況は無関係である。陸上街道は、難波沈没が存在為ず、好天による航行途絶も発生しないから、誠に確実安全な行程であり、帯方郡の公用往来、主として官用郵便に適しているとみるべきである。この場で、もの知らずに自論を振り回す前に、原史料を精読した上で、「古田(1971)説」を克服するのが、学問の徒の責務であると感じる次第である。特定の所説に対して「原文を尊重しない」と勝手に決めつけた上で、これに対して自説にとって「都合の良い」解釈などと主観的な「賛辞」を呈して、議論をはぐらかすのは、まことに、身勝手で不適切である。
 ちなみに、当ブログサイトでは、「古田(1971)説」の不合理を指摘して克服しているので、「新古」子とは、席を同じくするものではないし対決するものでもない。

 『邪馬台国研究総覧』の解釈は連続説か断続説かは明らかで無い。つまり、南に向かうことと東に向かうことが繰り返されるのか、1回限りなのかは明らかで無く、どちらともとれる。

コメント:

 「邪馬台国研究総覧」は、先行論考総覧であるから「解釈」は存在しない。勝手に、「連続説」「断続説」と誤解を振り回して、どちらともとれるとは、独り善がりというものである。

 韓半島の西海岸は溺れ谷を含むリアス式の複雑な海岸線であるため、海岸線に沿って航行すれば、南行・東行、さらには書かれていない西行も繰り返される。船の進む方角が次々と変わることは自然である。それを表現する意訳としては「しばらく南に進むと、しばらく東に進み、これが繰り返される」であろう。

コメント:
 地理解釈で眩惑を図っているが、そもそも、原文は「海岸線に沿って航行」などと書いてはいない。「倭人伝」の真意を解し得ない無教養な東夷の誤解である。「海岸」は海辺の崖、つまり、堅固な陸地であり、したがって、「海岸に沿って」は当然陸上行である。また、当時「航行」などという言葉は存在しない。要するに、史官が推敲の果てに編み出した「循海岸水行」を勝手に改竄して論議するのは愚行である。
 このような記事が平気で書けるのは、原文の意味が理解できていない「強み」だろう。うらやましいと言いたくなるところである。
 「書かれていない」西行は不適切である。文献解釈になっていない。ついでに言うと、今日、「リアス式」は廃語であり「リアス海岸」とでも言うべきであり、加えて、勝手な解釈で「溺れ谷」まででっちあげておいて、そのような難所を手漕ぎの小舟で行けというのは、無法である。
 総じて、あたかも、ものを知らない中高生ばりの論者が、限られた知識で、膨大な先行諸説を「読みかじって」評価しているみたいで、残念である。
 これでは。文献史学に無教養な門外漢が、先人が論議し続けてきた文献解釈に、読みかじりのご高説を垂れているように見えかねないので、稚拙と言われそうであるが、ここでは、遠慮してそうは言わない。

参考文献
 石原道博(1951)『新訂 魏志倭人伝』岩波書店
 藤堂明保(2010)『倭国伝』講談社
 佐藤進・濱口富士雄(2011)『漢辞海』第三版、三省堂
 三品彰英(1970)『邪馬台国研究総覧』創元社
 古田武彦(2010)『「邪馬台国」はなかった』ミネルヴァ書房
 白川静(1994)『字統 普及版』平凡社

コメント:
 白川氏漢字字書は熟語記載の豊富な「字通」を参照すべきである。
 三品彰英(1970)『邪馬台国研究総覧』は、具体的な記事、論者名、出典を明記すべきである。
 参考文献に付番がないので、被参照が不明瞭である。
 文献の原文史料、字書、総覧、個別論の混在、順序錯綜は混乱を招くので、もったいない。

◯まとめ
 当記事は、学術論文としての編集・校正がされていないのは、まことに、疎略で、不名誉な読み物になっている。ブログランキングに列席して天下に公開する以上、真面目に最善を尽くしてほしいものである。この繚乱ぶりでは、「新古」サイトの本領、専門の遺跡/遺物考古学分野の諸兄姉の考察/考証の紹介も、同程度の杜撰なものと疑われるのではもったいない。しょけいしの労作が、杜撰なでっち上げと速断されたら、どう弁解するのであろうか。「新古」子は、「たられば」論法を愛好されているようだが、他人に迷惑をかけない範囲に留めて欲しいものである。

                      以上

« 今日の躓き石 毎日新聞 名人戦観戦記の「屈辱」 | トップページ | 新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」1/2 補充 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 毎日新聞 名人戦観戦記の「屈辱」 | トップページ | 新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」1/2 補充 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ