« 新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」2/2 補充 | トップページ | 新・私の本棚 水林 彪 「漢武帝・宣帝の半島・列島支配 6/6 再構成 »

2024年5月22日 (水)

新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」1/2 補充

「乍南乍東」 2024/05/19
私の見立て 考古学記事全般 ★★★★☆ 当記事 ★☆☆☆☆ 大変不出来/不勉強 2024/05/22 補充2024/06/16


◯始めに
 「新古代史の散歩道」は、当ブログと紛らわしい名称を名乗っている後発ブログであるので、ここでは、混乱を避けるために、中国古典書の筆法に倣って、冒頭二文字「新古」と略称することがあるのをお断りしておく。
 又、同サイト全体は、本来、地道な(遺跡/遺物考察専門の)考古学専門記事であり、又又本来、素人の批判など許されないものである。本記事は、同サイトの余傍分野である「倭人伝」解釈であるので、当方専門範囲の基準に照らして客観的な批判を試みたものである。

*記事批判
乍南乍東(さなんさとう)は韓半島の西岸を航行するときの船の進み方である。

コメント:

現地は、歴史的に朝鮮半島である。いや、「新古」子は、半島南半を「韓半島」と呼ぶとに決めているのだろうか。説明不足で不明瞭である。
いずれにしろ、懸案は、本来、西岸及び南岸を合わせた議論である。何故、西岸だけに限定するのか、不審である。それとも、「新古」子は、韓は南で「倭」に接する、つまり、「海(うみ)」とは接していないと決め込んでいるのかもしれない。となると、「南岸を航行するとき」はどう解釈するのであろうか。いや、いずれにしろ、誠に面妖な解釈である。
原典から読みなおすと、「航行」は粗雑な作業仮説であり、確定したものではないから、本来論議などできないのである。いや、道里行程記事では、些末事項であり、時間・労力の無駄は避けたいものである。

概要
『魏志倭人伝』原文は「従郡至倭循海岸水行歴韓国乍南乍東到其北岸狗邪韓国」である。乍南乍東の解釈は各書で微妙に異なる。
 歴韓国乍南乍東到其北岸

コメント:
諸説解釈が「微妙」に異なるとは、何とも鷹揚である。

 以下、項目列挙。
岩波文庫の解釈、倭国伝の解釈、漢辞海、邪馬台国研究総覧、字統、古田説

考察
「L字型の行路を最初は南に行き、然る後に東にいく水行の行路」という時間的順序(連続説)を表すとする解釈がある。しかし、これは地図で見たときのマクロの進み方であって、実際に船に乗船すれば、ミクロな進み方しか体感できないので、この解釈は取れない。

コメント:
 ここまでの迷走に続いて、出所不明の「解釈」が引き合いに出されるが、ドサクサ紛れに自説開陳するものではないと意見したいところである。
 「マクロの」「ミクロな」の混沌も解釈を妨げる。「マクロの」は、大局として前半南行、後半東行だろう。海勢など関係無い。正史記事に「ミクロな」は、「有害無益」である。それにしても、「体感」は見事なホラ話である。「新古」南畝子はGPS装備のサイボーグなのか。絶対音感ならぬ絶対方位/距離感をお持ちなのか。実際は、帯方郡の官人が、軽快な小舟に乗れば、たちどころに船の揺れを「体感」して、船酔いになるはずである。なぜ、西岸を南下し、南岸を東行するという素直な解釈を拒否するのか、まことに、「海(うみ)」を知らない中原人読者に対する、説得には字数がかかるのである。この辺りで、何か大きな間違いに陥っていると悟るべきではないだろうか。

 石原道博(1951)、藤堂明保(2010)、古田武彦(2010)による「乍南乍東」の解釈は表現は異なるが、実質的には同一であるといえる。

コメント:
 「概要」部「岩波文庫」主語は人格が存在せず、冤罪である。
 書名は、「新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝 中国正史日本伝 1 (岩波文庫)」である。

 「概要」部「倭国伝」主語は人格が存在せず、冤罪である。
 書名は、「倭国伝 全訳注 中国正史に描かれた日本 (講談社学術文庫)」である。

 「概要」部「古田説」は、書名『「邪馬台国」はなかった―解読された倭人伝の謎―』朝日新聞社(1971)である。

 うろ覚えは誤記/誤断のもとであるが、「新古」サイトは、公開以前に校正しないのだろうか。誰も、誤記/誤解についてコメントしないのだろうか。もったいないことである。

 「概要」部『全訳「漢辞海」第三版記事』考察(割愛)に後続考察がない。「概要」に書き立てて、それっきりとは、もったいないのではないか。

                                未完

« 新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」2/2 補充 | トップページ | 新・私の本棚 水林 彪 「漢武帝・宣帝の半島・列島支配 6/6 再構成 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」2/2 補充 | トップページ | 新・私の本棚 水林 彪 「漢武帝・宣帝の半島・列島支配 6/6 再構成 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ