« 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  5/10 | トップページ | 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  3/10 »

2024年5月 5日 (日)

新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  4/10

 安本 美典            記2019/09/17 追記2020/10/06 2024/05/05
私の見立て ★★★☆☆ 古典的卓見の現状確認

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲していることをお断りします。

*公孫氏「遼東記事」事例
 個人的な時代考証として、公孫氏の五十年間、公孫氏が後漢朝/魏朝に任じられた遼東郡太守の権威でもって適法に遮ったため倭使が魏に行けなかったのでしょう。別に、不法なことをしていたわけではないのです。

*鴻廬の苦情
 蛮夷の対処は辺境太守の専権事項であり、鴻廬は、むしろ、一々蛮夷を帝都に寄越すなというものであったはずです。道中の対応はもとより、天子の面目にかけて厚遇し、随員に至るまで印綬を下賜し、時に、過分とされる下賜物を持たせる必要があるので、辺境太守が選別すべきです。

*「従郡至倭」論
 そして、魏の官軍による公孫氏攻滅は景初二年八月とは言え、遼東から地理的に遠隔の帯方郡は、それ以前、同年前半に、早々に魏の支配下に入っていたと見る解釈が非常に有力です。倭使が、新任の帯方郡太守の召集に従い、急遽六月に帯方郡に参上し、曹魏明帝の督促に応じて、引き続き洛陽に赴いた可能性が非常に高いと思われます。

*帯方郡道里考証~参考情報
 念のため、帯方郡道里の考証を進めるには、まず、楽浪郡道里の考証が必要です。
 楽浪郡は、漢武帝が、朝鮮を廃したあとに設けた四郡の一つであり、関中の京師長安が道里の起点であったものの、実務として関東の洛陽を起点とした道里が記帳され、以後不変のものとなっていたようです。そして、一度、洛陽から楽浪郡までの公式道里が記帳されたら、以後、楽浪郡治が移動しても、道里は変えないのです。笵曄「後漢書」郡国志(司馬彪)では、「樂浪郡武帝置雒陽東北五千里」と明記されています。
 「郡国志」では、帯方郡は「帯方縣」であり、後漢献帝建安年間に分郡された帯方郡の公式道里は、未定とみえます。ただし、後漢建安年間は、已に国政は宰相曹操のものだったので、遼東郡太守公孫氏は、あえて帯方郡道里を報告しなかった可能性があります。従って、単に、楽浪郡道里と同一としたものと見えます。
 雒陽を発した文書使は、帯方郡太守あての文書を楽浪郡に送達した時点で、帯方郡太守に送達したと見なしたものと思われます。して見ると、「魏志」に郡国志があれば、「帯方郡考献帝置雒陽東北五千里」と書かれていたものと見えます。因みに、後世の「晋書」地理志には、各郡の戸数などが書かれているだけで、郡治の公式道里は書かれていません。
 因みに、劉宋代の正史である沈約(南齊-梁)「宋書」州郡志は、「陳寿」三国志に地理志がなく、劉宋代、笵曄の刑死で継承されていたかどうか不明の「後漢書」は、仮に、公式史書として認知されたとしても、本来「郡国志」を欠いていたので、結局、既に滅亡していた楽浪/帯方両郡相当地域の道里は確定できず、逆に、建康を京師と見立てた会稽郡、建安郡の公式道里は、確実に把握していたので、これを記帳しているのです。
 このあたりの変転は、話せば長いので、ここでは割愛します。
 本項の結論としては、「帯方郡考献帝置雒陽東北五千里」 が、もっとも妥当な推定と見えます。

*公式経路と実務経路
 古来見過ごされていますが、両郡が、魏明帝の指揮下に回収された以上、、帯方郡から中原洛陽に至る公式経路は、目前の山東半島青州に渡海上陸後、河水南岸官道を西行するので、遼東戦乱は、全く無関係と思われます。
 このあたり、まことに合理的な理解が可能であり、倭使が景初三年六月明帝没後の帯方郡に参上した」と見るのは、論外の愚行だと思うのですが、中々、不当な異議に対する正当な応答が支持されないのは、どうしても、景初三年でないと具合が悪い事情があってのことと見えます。

〇戦時の上洛経路
 郡が公孫氏遼東に赴くのは、諸国王に等しい権威を持つ太守の威光によるとしても、郡から洛陽へは遼東を介しない古街道が通じていたと見るのです。史学界大勢が、帯方郡から北上して遼東郡治に着き、しかして洛陽に向けて西南転する、大変遠回りな経路に専ら信を置いているのは、素人として、大変不可解と感じるのです。正史に、そのような行程を示唆する「公式道里」が記載されているのは事実ですが、帝国の実務は、最短経路、最速の到達が最優先であり、古式蒼然たる誤解は、早々に廃棄すべきです。

 以上のように、当時の政治情勢を合理的に解釈すれば、現に史料に書かれている「景初二年」を否定する異議を正当化するに足る合理的/圧倒的な論拠は、全く無いと思われます。不適切な異議は、自動的に却下されます。少なくとも、古代学界で蔓延る景初献使年に関する諸々の非科学的な俗説群は、不適切/不合理として雲散霧消するのではないかと思われます。

〇闇の中の「自明」論
 資料解釈が大きく分かれる事項で、性急に自説を仮定し、無造作に「自明」と書き立てるのは、学問の徒として疑問と思われます。
 「自明」は、よほどの場合に取っておく極上表現であり、「決めゼリフの安売りは自身の大安売り」です。不用意な断言で、恥を千載に残さないようご自愛いただきたいのです。

 いや、ふと冷静に戻ると景初三年が正しいと仮定しても、本題論議に直接/重大な関係はないのですが、一部の頑迷な景初三年派は、ことさら雑駁な論拠を提示して誤写頻発の件数稼ぎとしているようなので、丁寧に反論するものです。いや、ほかにも、景初三年を死守する動機はほかにもあるらしいのですが、ここでは深入りしません。

 当項目以外の誤字談義は、素人がこれまでに調べた限りでも根拠不明とされるべきです。各論は、追試/審査されていないのでしょうか。

 安本氏ほどの高名、高潔な論客が、麗々しく引用するものとは思えないというのが正直な所感なのです。

〇追記:
 安本氏の引用に不審を感じ原著をよく読むと、当方の杉本憲司、森博達両氏への批判は一部当を得ていないので、追記の形で補正を図ります。
 両氏は、「倭人伝」解釈の基本を、中華書局標点本(1982年版)を底本とし、随時校異により訂正する立場に立ち、「對馬国」は前者の見地、「邪馬臺国」、「一支国」は後世史書依拠の見地を採用していて、客観的な物証にかけるものの、一応、議論としての筋を通しています。
 ただし、「東冶」校異が根拠のない推量であるように、校異の筋道はそれぞれ不安定であり、「景初二年」校異は、合理性に欠け、一段と不確かです。

                                未完

« 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  5/10 | トップページ | 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  3/10 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

季刊 邪馬台国」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  5/10 | トップページ | 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  3/10 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ