« 新・私の本棚 番外 NHKスペシャル よみがえる邪馬台国 全三回 5/5 再掲 | トップページ | 新・私の本棚 番外 NHKスペシャル よみがえる邪馬台国 全三回 3/5 再掲 »

2024年6月 8日 (土)

新・私の本棚 番外 NHKスペシャル よみがえる邪馬台国 全三回 4/5 再掲

 番組放送年 1989年 NHKオンデマンドサービス(有料)で視聴可能
 私の見立て★★★★☆ 必見    2019/01/13   補充 2020/03/11 2024/06/07

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲したことをお断りします。代わって、正体不明の進入者があり、自衛策がないので、引きつづき更新を積み重ねています。

よみがえる邪馬台国 第三回 検証・女王卑弥呼の都
*躓く「枕」~補充
 この回は、九州説を支持していた門脇禎二氏と畿内説を支持していた坪井清足氏の談話を枕に開始します。
 本篇の冒頭、いきなり誤解が露呈していて「楽浪郡」が語られています。当番組では伏せられていた後漢書を見てしまったのでしょう。
 「行程記事をそのまま読むと」と言う語りは、説明不足で軽率です。読解できずにベタに書き出すと、と言うべきです。当時の公文書ですから、倭人伝の語法を理解すれば、明快に読み解けるはずです。過去、諸先賢が理解できないから、自分自分の語法で勝手に書き替えて来たものです。

 以下、過去の誤読例が面々と繰り返されますが、とにかく「論義を混沌とさせて持続したい、子々孫々に至るまでメシの種にしたい」という願望が醸しだしている「泥沼」なのですが、ここでも、明解な解明を遠ざける高度な創作が続いています。

 何しろ、冒頭の解説で、帯方郡を出た行程が、いきなり西に向かって黄海岸に出るという誤解が台頭していますが、「倭人伝」には、そのような行程は書かれていないのです。続いて、何の気なしに、海岸沿いに南下することが描かれていますが、地図を見る限り、そのような航行では、忽ち難船してしまい、まるで、「倭人伝」が自滅行程を書いているように見ていますが、それは、解釈を誤っているとみるべきです。このような難局に陥った場合、「帰謬法」と言う考え方では、それは、そこまでの見方が進路を誤っていることを示ししているのだから、始発点に戻って考えなおすべきだということになっているのです。
 ところが、番組の解説では、南岸沿いの「架空の行程」にこだわって、わざわざ狗邪韓国まで乗りつけて、改めて、對海国に向かって南下する絵としていますが、そこまでの悠然たる船旅が、突如、必死の海峡越えとなり、辻褄が合わず、何とも、無理難題になっています。

 世間では、ここまで大勢として一致して妥当な推定とされているとしていますが、完全な読み違いが、正論を押しつぶして大勢に支持されているのは、寄って集(たか)って誤解して「倭人伝」が、いい加減だと責任を押しつけているのであり、何とも困ったものです。これでは、何百年経っても、正解に到らないわけです。

*両説並走
 坪井氏は、畿内説は「考古学の所見」に依存すると正直に解説しています。要するに、「倭人伝」を「畿内説」に合わせて削り直していることが露呈していますが、それを云うと身も蓋もないので、ここでは、声を潜めておきます。

 門脇氏は、九州説に転じて「変節漢」と顰蹙を買ったと述解しますが、畿内説では、三世紀当時、近畿から北九州を支配していたとされるのに、六、七世紀の統一国家形成まで、途方もない歳月を要したことを説明できないと感じたようです。我が意を得たのですが、畿内説陣営から、適格な回答がないようです。古代史学界には、建設的な仮説/異論/異議に対する反応は顰蹙だけあって学術的な論争は成立しないのでしょうか。
 坪井氏は、「考古学の所見」では、三世紀遺物出土が乏しい九州説に不利としますが、衆知の如く、遺物年代はあくまで熟慮の上の「推定」であり、いかに大勢に支持されても、決定打でないと想われます。
 また、坪井氏は、行程記事末尾の「水行十日、陸行一月」は投馬国から南に王都行きと解釈すると南方に突き抜けるから、これは、東方畿内だと押していますが、そのような道里行程記事解釈は、伝統的な我流解釈に依存していて異論必至で、決定打ではないのです。先ほど述べたように、「思い込み」に従うと不合理な結論に至るというのは、「思い込み」を考え直す契機であり、視野を広げこだわりを棄てて、謙虚にら考え直すべきなのです。
 当たり前のことですが、三世紀に陳寿が書いた記事は、当時の読者が納得する、筋の通った「真意」がこめられていると見るべきであり、頭から、「現代日本人」の「常識」で読解くのは「誤解」の可能性を含んでいるのです。

 要するに、坪井氏の言う「考古学の所見」は、専門外とは言え、自説に心地良い、軽率な文献解釈を丸呑みして根拠としているのであれば、是非再考いただきたいものです。

*鬼(神)道とシャーマン
 ハン氏(韓国国立中央博物館館長)は、鬼道(「鬼神道」は後漢書)を論じて、今日で言う「シャーマン」とも思われるが、「シャーマン」は地域ごとに異なるので一概に論じるべきでない、と卓見を述べて、「シャーマン」が古代に生きていたような時代倒錯の戯れ言をきつくたしなめています。

*即刻参詣の檄
 終盤になって、坪井氏は、「倭人」が大陸の情報を承知していて、使節を適確に派遣したと驚いています。伝統的に、女王を「神がかった諜報通」と見ているようですが、ことはそんなに超絶的な成り行きでなかったでしょう。公孫氏傘下から魏帝直轄に代わった帯方郡の新任太守から、専用文書便が街道を駈け、即刻出頭の厳命が届いたと見るのが順当ではないでしょうか。

 即刻と言っても、万二千里などと見当違いの道里を言いたてたりせず、測定済みの往復所要期間、つまり、片道「水行十日、陸行一月」を四十日と見て、往復八十日を前提として出頭期限を切ってあり、「遅参すれば討伐する」と断言したでしょうから、大陸(遼東)事情を知らなくても、降って湧いた指示でも、国王以下打ち揃って恐懼して、取るものも取りあえず身軽な使節を送り出したのでしょう。それなら、普通の君主に出来る普通の、つまり、最善対応なのです。

*遠すぎる畿内
 余談ですが、この日数では到底畿内に辿り着かないので、日数稼ぎに苦労しているようですが、それでは、郡は、所要期間を知らなかったことになります。水行二十日の投馬国の向こうに四十日行程を置く年代ものの読み解きで、ボロ隠しをしているようですが、細かく詮索すると、逃げ道がなくなるので、武士の情けで、追及を控えます。いや、当ブログ筆者は、古風な者なので「遠すぎる」は、誉め言葉ではないのです。

 「倭人伝」の景初二年の「二」の字に横線を足して景初「三」年に日延べしても、使節は郡に辿り着けないでしょう。まして、韓国海岸を「水行」したら景初年間には着かないでしょう。蒸し返しですが、坪井氏の主張による「遠隔の畿内で半島情勢を察知した」というのはね心地よい響きであっても、あくまで、根拠の無い神がかりです。

                                未完

« 新・私の本棚 番外 NHKスペシャル よみがえる邪馬台国 全三回 5/5 再掲 | トップページ | 新・私の本棚 番外 NHKスペシャル よみがえる邪馬台国 全三回 3/5 再掲 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新・私の本棚 番外 NHKスペシャル よみがえる邪馬台国 全三回 5/5 再掲 | トップページ | 新・私の本棚 番外 NHKスペシャル よみがえる邪馬台国 全三回 3/5 再掲 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ