« 新・私の本棚 外野 ウィキ「古代史の散歩道」seit2023 5/6 補追 | トップページ | 新・私の本棚 外野 ウィキ「古代史の散歩道」seit2023 3/6 補追 »

2024年6月13日 (木)

新・私の本棚 外野 ウィキ「古代史の散歩道」seit2023 4/6 補追

ウィキ 「古代史の散歩道」2023/01/28 当記事 2023/01/31 2024/06/13, 06/15

*加筆再掲の弁

 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲したことをお断りします。代わって、正体不明の進入者があり、自衛策がないので、引きつづき更新を積み重ねています。

*ご注意
 ここで批判したウィキは、以下の不法な事態を是正して、ブログ形式に転換し、パクリタイトルを「新古代史の散歩道」に塗り替えているので、参照先は、宙に浮いていると思うものです。(確認する気には、ならない)
 この点、あらかじめ、ご理解頂きたいものです。

*解釈変調
 ここで、論者は、鳥越氏の解説を不規則に修飾しているが、原文を普通に、そのまま解釈すると、『裴松之が補注して成った「三国志」』と断定しているのであり、鳥越氏が『三国志』と論じているのは、裴注の付されたもので有ることは明解ではないか。このあたり、鳥越氏の文意が読み取れないのであれば、もう少し謙虚に論じるものと思う。
 論者が『』で規定したという事は、学術的に『原本三国志』と『裴松之補注版三国志』が区別されるとの主張のようであるが、ここは、鳥越氏の著書の考察であるから、本書から用例を提示頂きたいものである。文脈中で語義が動揺しているのを無視して、特定の部分だけ囓り取るのは、形式的には『ルール』にそっているのだろうが、じつは、『曲解』につながるものであり、フェアではないと思う。

「どのような「新しい」陳寿が知らなかった史料が発見されたのか根拠不明です。むしろ、陳寿がそれらの史料を審議した上で、採用せず割愛、ゴミ箱入りにしたと見えます。実地に判断すべきなのです。」(参考文献4)と万年好奇心少年は書く。その陳寿の知らない史料とは、たとえば王粲他編『漢末英雄記』、習鑿歯著『漢晋春秋』」、『魏武故事』、虞溥著『江表伝』などが挙げられよう。「陳寿がそれらの史料を審議した上で、採用せず割愛、ゴミ箱入りにした」(参考文献4)と万年好奇心少年が書くのは根拠がない断定である。

 当方は、鳥越氏が主張される『「新しい」、陳寿が知らなかった史料が発見された』なる(根拠の無い)断定に義を投げかけただけであり、根拠の無い断定に根拠をあげて反論することなど、誰にも出来ないのである。分量として原典に数倍する」と明言していることから、文字数による評価は不合理と、重ねて指摘しているだけである。
 ちなみに、陳寿が、史官として尊重した史料は、後漢/曹魏の政府機関が残した「公文書」であり、巷説、風評の類いは、仮に一瞥したとしても、採用せず、割愛したと見るべきであるから、そのように「断定」したと見るものである。何事にも例外はあるだろうが、だからと言って、陳寿が無原則の編纂を多年行ったというのは、無茶というものである。
 以上の見解は、鳥越氏が、氏の著作に示された民俗学見識に基づく考古学の視点見識を傾けて反論されたのであれば、再考するものであるが、通り掛かりの野次馬の生齧りの意見には、耳を貸す義務は無いとも言える。本稿は、それでも、あえて耳を貸しているものである。そのために、論者と同一の地平に引きずり下ろされて、不満であると言い置くことにする。

 ちなみに、裴注の中でも、魏志第三十巻の末尾に追加されている魚豢「魏略」魏略「西戎伝」は、相当する「魏志」「西域伝」が存在しないから、0字に対して4000字余りが付注されていて、分量比は計算不能である。

 陳寿の一世紀半後生である劉宋史官裴松之が参照した史料は、ほぼ全件批判されているから、陳寿が知らなかった「新しい」史料は、皆無ではなく当然あり得るとしても、全体として、陳寿が、熟読吟味の上不要と考えて「没」にした史料が少なからずある大半であるという主張自体は、十分に合理的であると考える。それら史料は、陳寿が棄却したと見ても独断ではないだろう。陳寿が棄却した史料をゴミ箱から拾い出して付け足したと見える裴注は、ゴミがゴミであると明示した上での補注であり、別に、「三国志」に対して何かを付け加えたものとは言えないのではないか。いや、論者自身が熟読してそのように理解したというなら、一件一件明示して批判頂きたいものである。

 それにしても、論者は、どのような資格で当方が意見を書く行為を「根拠が無い断定」と断定するのであろうか。意見を書く行為自体は、憲法で保障された言論の自由と思うものである。大丈夫でしょうか。

笵曄「後漢書」東夷列伝倭条の創成~余談
 たぶん、論者は、意識的に包み隠しているのだろうが、西晋は、陳寿の没後ほどなく、内乱で荒廃し、北方民族に首都雒陽を攻略されて、滅亡したのである。西晋皇帝は、捕虜となって流刑地で客死、王族も討伐されて、辛うじて、一名の王族が、江南の建康に逃れたのである。これが、「禅譲」であれば、皇帝は退位しても首都は維持され、政府機関も維持されるから、膨大な政府文書も継承されるから、そこから、新たな史書が登場する可能性があるかもしれないが、異民族に略奪された亡国から、公文書全体が移動されるはずはなく、最低限の公文書が非常持ち出しで南遷したにとどまったのである。
 つまり、建康で成立した東晋には、三国志「魏志」に新たな史料を齎される可能性はなかったのである。いや、それは、魏志として確立された正史に付いて言うのであって、蜀漢、東呉の地は、西晋崩壊の被害を免れたから、地方史料が齎された可能性はあるが、もともと、陳寿の編纂時に、充分史料渉猟を行い、選別していたから、特に事態に変わりはなかったと見えるのである。
 余談であるが、雒陽公文書庫の崩壊は、後漢書編纂に大きな打撃であったが、既に、有力な後漢書が編纂されていたので、これら先行後漢書の記事を斟酌すれば、笵曄も、雒陽公文書無しに一流の後漢書を編纂できたのである。但し、後漢の末期、遼東公孫氏が東夷を管理していた時代は、公孫氏から、雒陽に報告が届いていなかったので、当時、後漢献帝の建安年間、新たに設置された帯方郡の報告は、一切雒陽に届いていなかったのである。このため、笵曄「後漢書」東夷列伝の倭条は、本来欠落していたのである。笵曄は、史官としての訓練を経ていない文筆家であったので、平然と創作記事で埋めたのである。以下に述べる陳寿の「史官魂」と対比頂きたいものである。

*中国史官たる陳寿の使命感~余談
 そもそも、基本に立ち返ると、陳寿は、帝国内の文書担当の手で書き上げられ、承認を得て奏上され、然る可く皇帝の承認を得た「公文書」こそが「史実」で、これを正確に後世に残すのが使命と考えていた「史官」である。「述べて作らず」である。
 「魏志」東夷伝、特に「倭人伝」に関して、「史実」に不備がない限り、当時、雒陽に継承されていた「公文書」を(忠実に)引用したと見るべきである。これは、基本の基本であるので、異論があれば、根拠を提示頂きたいものである。世上、勝手な決めつけがまかり通っているが、史官は、風評の類いを拾い食いすることは(絶対に)ないのである。これは、高名な渡邉義浩氏が明言されているのであり、確固たる反証がなければ、そのまま拝聴すべきである。

*陳寿「偏向」観のもたらす天下大乱~余談
 また、渡邉氏が、下記麗書の第五章「邪馬台国の真実」の劈頭でぞろりと漏らしている「偏向」であるが、氏の真意を離れて、一部で大受けして、一人歩きしているように見える。
 西晋代の「正義」は司馬晋にあるから、魏志「倭人伝」のどこがどう「正義」を踏み外し「偏向」しているのか、悉にご教授いただかないと、が「偏向」のない史実なのか、素人にはわからないのである。
 渡邉氏は、「倭人伝」が「三国志」がもつ「偏向」を「共有」していると意味不明なご託宣であるが、普通に解すると、「倭人伝」が「三国志」全体と対等の権限を有しているのであり、とんだ「倭人伝」独立宣言であり、たかが、司馬懿の簒奪を正当化するために、『「三国志」が、そして、「倭人伝」が書かれた』という御意見には従いかねるのである。
 なにしろ、「三国志」中の「呉志」は、曹魏の統治を受け入れずに自立していた東呉の史官が編纂した「正史」であり、同様に自立していた蜀漢の「正史」である「三国志」中の「蜀志」は、三国鼎立の史実を後世に伝えるために、陳寿が、死力を尽くして工作し、蜀漢遺民に編纂させた史書であるから、「三国志」全体に通じる「正義」は、ありえないのである。して見ると、「倭人伝」は、そのような「大乱」に巻き込まれず、干渉を受けず、孤高の存在「小正史」であるとも見える。字数は、まことに少ないが、それ故に意義は深いというのが、渡邉氏の示唆と思える。
 渡邉氏は、下記新書に於いて、政策的に言い回しを整えて、「三国志」の「虚構」(外見:そとみ)を整えているように見えるのである。これは、「偏向」とは言えないが「お化粧」に見えるのである。言うまでもないが、公の場に登場するのに、「お化粧」するのが当然であり、素顔をさらすのは、不名誉であり、失礼なのである。
 渡邉義浩「魏志倭人伝の謎を解く」(中公新書2164)は、新書版として最高峰の史学解説書であるが、堅実な史学書としての高貴さと、世上の「倭人伝」論の混沌に棹さす強引さが混在している。
 ここに挙げたような高度の名言がウロコのままで供されるので、世上、いいとこ取りの読みかじりがWikipediaなどに紹介されて「邪馬台国論」の泥沼を沸かせているのである。素人としては、ちゃんと捌いて盛り付けてほしいと思うものである。

*「翰苑」審査~最善史料紹介
 「翰苑」残簡倭伝部の魚豢「魏略」所引は、偶々(正確と検証されていない)引用文が編者の手元にあったと考えられる。「翰苑」編纂者は「史実」の正確な継承を任務としなかったので、正確性の程は疑問である。その証拠に、「翰苑」は粗雑、つまり、行格が乱れ、乱丁がのさばり、加えて、度外れて低級な誤記、誤写の校正漏れが、ぞろぞろと濃厚に散乱し、何よりもそれが「校正/訂正されていない」事が「翰苑」残簡史料批判のほぼ全てである。そのように破綻した写本である「翰苑」所収「魏略」佚文は、一切「信じてはいけない」と言うべきである。「翰苑」残簡は、校訂された最善史料で史料批判すべきである。
 翰苑 遼東行部志 鴨江行部志節本 *出典:遼海叢書 金毓黻遍 第八集 「翰苑一巻」 唐張楚金撰 據日本京都帝大景印本覆校 
 自昭和九年八月至十一年三月 遼海書社編纂、大連右文閣發賣 十集 百冊 (中國哲學書電子化計劃

 これも、余談であるが、一部にある「魏略」私撰論は、とんだ言いがかりである。当時、部外者が公文書庫に立ち入って渉猟するのは死罪であったから、魏略」編纂は、曹魏史官たる魚豢に許容されていたと見るべきである。

 ここで、自明事項を端的に言うと、何事も例外はあり、「例外があることが強固な論証であるという意見もある」ことを指摘しておく。

                                未完

« 新・私の本棚 外野 ウィキ「古代史の散歩道」seit2023 5/6 補追 | トップページ | 新・私の本棚 外野 ウィキ「古代史の散歩道」seit2023 3/6 補追 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 外野 ウィキ「古代史の散歩道」seit2023 5/6 補追 | トップページ | 新・私の本棚 外野 ウィキ「古代史の散歩道」seit2023 3/6 補追 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ