« 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅱ 道里 1/3 三改 | トップページ | 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅰ 壹臺 1/2 再掲 »

2024年7月 5日 (金)

新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅰ 壹臺 2/2 再掲

 アイ&カルチャ天神 講座【西日本古代通史】資料 平成26年8月5日
私の見立て ★★★★☆ 沈着な論評    2020/09/22 補記 2022/08/29 2024/04/04, 07/05

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲していることをお断りします。

⑴邪馬台国か邪馬壱国か  承前
引用 ④「邪馬壱国」と記しているのは、いずれも十二世紀以降の文献ばかり

コメント 「刊本、つまり、木版出版は宋代でありそれ以前は写本継承である」から、「十二世紀以降の文献」と決め付けるのは、理窟が外れていて、見当違いの誤解である。このような子供じみた主張に追従していると、氏の見識が疑われるのである。

引用 ⑤「臺(台)」は神聖至高の文字ではない
陳寿の『三国志』にも、牢獄とか、死体置き場といった意味で「臺」の字が使われている。魏から見て敵国に当たる呉の国の君主孫権の父親である孫堅のあざなは「文臺」である。神聖な文字を、死体置き場や敵国の人間の表記に使ってもよいが、未開の友好国に使ってはいけないというルールは見当たらない。

コメント 当時の「ルール」(用語の時代錯誤)は、史書などに一切書き残されていないから、氏の見聞範囲に見当たらなくても不思議はない。
 「三国志」と大雑把に指摘しているが、東呉創業者孫堅を記録しているのは、東呉の史官が書き、陳寿が用語に干渉しなかった「呉書」による「呉志」であり「魏志」ではない。「三国志」では、孫権は、呉主、つまり、地方首長であり、また、地方首長が字を名乗るとき、古典書典籍も含めて、その時点での自身の見識で選んだのであり、「孫堅」存命時には未だ存在しない魏朝が後世定めたと思われる「貴字」を回避する理由はない。何かの勘違いであろう。論拠にならない。
 それ以外の指摘は、文献考証の鉄則に従い、個々の当該文字用例の出現場所と文脈(前後関係)で判断すべきである。(時間と労力を要する作業である)そもそも、二千年後生の無教養の東夷(筆頭は古田武彦氏である)が、西晋史官の教養を、ぞろぞろとあげつらうのは、はなから無謀である。

*「臺」の意義
 「春秋左傳」なる(陳寿を含めた)史官必読の権威典拠によれば、「臺」は、天子の下にぶら下がる十階級の身分の最低格である。「倭人」を未開であるが周礼を知っている格別の蕃夷と密かに敬した陳寿が、その女王の居処に、「邪馬臺」と蔑称の中でも最低の蔑称を呈するはずが無い。少なくとも、周代以来の史官伝統を継承していた魏晋代教養を有する陳寿は、そのような愚を犯さなかったとほぼ断言できるのである。もっとも、「未開の友好国」は、二千年後生の無教養な東夷の時代錯誤の錯覚に過ぎず、当時そのような蕃夷はあり得ない。

 魏は天下唯一の正統政権であって、呉は後漢の臣下でありながら後継政権に背いた「叛賊」に過ぎず、もちろん「国」などではなく、魏と対等の「敵」ではない。
 そのような不法な存在を敵国」と称するのは、古代史学に相応しくないし、「友好国」共々、氏の時代錯誤の世界観の弊害と見える。と言っても、中国古代史史料は、氏の本領ではないので、素人めいた言葉遣いに陥っていると見える。(講演を行うなら、聴衆への責任があるので、誰かにダメ出しして貰うべきではないだろうかと愚考する)

 本項で言うと、確かに、「神聖至高」は、誰が言い出した知らないが、素人目にも、不適当な用語で、しかも、言いすぎであり、また、「三国志」全体で通用するとは言えないし、古田氏も、そのような主張はしていないはずである。

 お互いに、枝葉末節を力んで論議するのは、学問の本筋を外れているように見える。

引用 ⑤結論:以上より「邪馬臺国」が正しい。

コメント 各種の主張を列記したが、それぞれ、未検証にとどまり、確たる論証になっていない。飛躍して「以上より」で結論に結びつけるのは、余りに性急で、氏の見識に疑いを投げかけるものであり、勿体ない。

引用 それを現在は簡略文字で「邪馬台国」と表記している。

コメント 「現在」とは、「古代史界」(実態不明)の大勢(実態不明)を言うのだろうが、論証なしで表記していること自体は「自明」である。氏は、それが、妥当かどうか検証したかったと思われるが、以下述べるようにそれは不要と思う。ちなみに「簡略文字」は、意味不明の造語とみられる。簡体字、略字などに属するというのは、考え違いである。
 いうまでもないが、「台」は、本来「臺」と別の由来の文字(正体字)であり、安直に代用してはならないが、太古以来、しばしば代用されているだけである。「邪馬台国」なる表記は「ヤマト」と発音することを否定しきれないために一部論客に偏愛されているが、国号として名乗ったのであれば「邪馬臺國」であり、古来「ヤマト」と発音したという論証は見かけない。論理の綱渡りだが、渡り切った論者はいるのだろうかと、素朴な意見を提示する。

〇まとめ
 と言う事で、当ブログ筆者は、素人なりの見識と知識を駆使して、河村氏の「邪馬臺國」説を追尾し、反論して時間と労力を費やしたのである。

〇論争停戦の勧め
 古代史分野は、「倭人伝」二千文字の中の壱文字の話題で随分盛り上がるが、ここにあげられているような無意味な根拠で力説するのは、氏の古代史に関する見識に疑念を投げかけるものであり、随分勿体ないと思われる。(俗な言い方をすると、「余計なことを言うと信用をなくす」と言う事であり、下手すると、論争相手の失笑を買うことになりかねない)
 氏ほどの学識であれば、この話題は飛ばして【本講演は「邪馬台国」(略字)で進める】と「宣言」するのが好ましいように思う。「ここだけ宣言」すれば、混沌、無面目の国名論議がなくなるので、聴衆も随分気が楽になる。
 ちなみに、ChatGPTに代表される「聞きかじり」引用手法で摘まみ食いされると、「ここだけ宣言」は、取りこぼされるので、誤解の可能性が高くなる。 

                                以上

« 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅱ 道里 1/3 三改 | トップページ | 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅰ 壹臺 1/2 再掲 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅱ 道里 1/3 三改 | トップページ | 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅰ 壹臺 1/2 再掲 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ