« 新・私の本棚 小林 行雄 神と神を祀る者 ムラからクニへ  5/11 再掲 | トップページ | 新・私の本棚 小林 行雄 神と神を祀る者 ムラからクニへ  3/11 再掲 »

2024年7月 8日 (月)

新・私の本棚 小林 行雄 神と神を祀る者 ムラからクニへ  4/11 再掲

 日本文学の歴史 第一巻 神と神を祀る者  昭和42年5月10日刊
 ムラからクニへ  執筆者 小林行雄 (1911年8月18日 - 1989年2月2日 文学博士)
 私の見立て 全体 ★★★★☆ 学識芳醇 当コラム ★☆☆☆☆ 多々認識不足 2016/08/12 補充 2024/07/08

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲したことをお断りします。代わって、正体不明の進入者があり、自衛策がないので、引きつづき更新を積み重ねています。

*ムラからクニへ=場違いな議論
 本書は「日本文学の歴史」であり、当巻は、日本文学の揺籃時代、まだ、文字記録のなかった時代の人の想いを語ろうとしているのである。
 当記事の章題を信じるならば、ここには、それまで、今日の日本という国家の形成過程で、後世国土となる領域に、ばらばらに、つまり、時には離散していたムラが、三世紀前半の中国との文化交流を契機に、次第に発展的に結集して、クニとなる姿が描かれているものと期待するのだが、実際は、そうした筋書きは書かれていない。

 ここで、執筆者は、「邪馬台国」の「中国」(魏朝)との交信を取り上げざるを得なかったようで、けっこうページ数の大半を費やしていると見えるが、本書の語りの中では、違和感を感じさせる。また、いわば、剪定によって枝を刈り摘める手業が見えるのである。

 つまり、この時代の「日本文化」を探る上で、同時代の文章資料として、ほぼ唯一の魏志倭人伝が厳然と聳(そび)えているので、できることならこれを何とか手元に取りこんで、出来ないときは難癖を付けて排除して、以下、本ブログ筆者がしきりにぼやいているように、あたかも盆栽を丹精するが如く、執筆者の意のままの形に仕上げて、持論の一部としようとしているように見えるのである。

*史観の押しつけへの反発
 「そのころ日本において最高の地位をしめていた邪馬台国」と書かれている「日本」という「時代錯誤」の言葉を、読者が現代風に解釈すると、本州島、四国島、九州島を支配する邪馬台国を想定してしまうのである。
 つまり、あからさまにではないが、三世紀当時、既に広大な国土に、統一された古代国家が成立していたと理解しないといけないと思わされてしまう。
 しかし、執筆者が想定しているのは、現在の奈良県の南部と北部をのぞいた中部、「中部大和」を短縮した「中和」に存在したと仮定される「中和」政権と、九州北部の「筑紫」に存在したと仮定される「筑紫」政権とを想定し、二択問題としつつ、おとなの姿勢で断言を避けながら、いずれかの国が、当時の中国の中核部を支配していた魏朝と交信したと想定されることを述べている。

 ただし、当ブログ記事では、邪馬台国名称の議論を避けると共に、筑紫の倭国と中和の倭国が、同等の選択肢であるとの先入観を避けたいので、取り敢えずは、邪馬台国とか、「邪馬台国**説」とか言わないことにする。
 馴染みにくい呼称で、面倒と思うが、「地域ブランド」に影響されるのを避けたいのである。

*重大な分岐点
 筑紫倭国が魏に遣使したと想定すると、その勢力が現在の福岡県内にとどまっていても十分であり、それは、あくまで小ぶりでムラに近いクニである。
 一方、中和倭国が魏に遣使したと想定することは、中和倭国は、現在の奈良県から大阪府を皮切りに、後世で言う中国路を全面的に支配して、ついには、筑紫まで支配している必要があり、つまり、中和倭国は、ムラに近いクニなどではなく、これらの遠大な経路を含む広大な領域を強力に支配する強大な「古代国家」を想定していることになる。
 ことは、所在地に迷うだけの二者択一ではなく、国家像の大きな違いを含んでいる重大な選択の分岐点なのである。

 そうした重大な選択の分岐点を選択しないままに、「魏志倭人伝」記事の信頼性をあげつらっているのは、考古学が科学の一分野として存在するのであれば、感心したものではないのである。

未完

« 新・私の本棚 小林 行雄 神と神を祀る者 ムラからクニへ  5/11 再掲 | トップページ | 新・私の本棚 小林 行雄 神と神を祀る者 ムラからクニへ  3/11 再掲 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新・私の本棚 小林 行雄 神と神を祀る者 ムラからクニへ  5/11 再掲 | トップページ | 新・私の本棚 小林 行雄 神と神を祀る者 ムラからクニへ  3/11 再掲 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ