趣味

2014年8月27日 (水)

タブレットPCだより 5(Voyo Winpad A1 Mini 32GB)

                                  2014/8/28
 以下は、Voyo Winpad A1 Miniだから気になるというわけでは無いのですが、ご参考まで。
 手短に言うと、チャームバーが邪魔なのです。(unpleasant and obtrusive charm bar)
 タブレットPCでメモ書きしていて、画面端付近のキーボードを「探った」とき、スワイプ操作と誤解して、お呼びでないチャームバーが出てくるのが、何とも邪魔なのです。
 デスクトップアプリケーションの画面キーボード操作で、キーボード右端に近い BackSpace, Delなどのキーに指が行ったときの問題です。
 思うに、タブレットPCのケースが、タブレットを包み込む形式の時、画面端近くで指がケースに当たって、端的にキーを押すことができず、その辺りを探ることがあります。そんな「もたついた」動きをスワイプ操作と誤解されるのでしょう。
 突如、画面右から想定外のチャームバーが登場し、集中しているキーボード入力が中断するのです。
 回復操作として、出てきたチャームバーを消して、デスクトップアプリケーションに戻るのも、書き留めていた思考が中断して不満なのです。(brutally interrupted idea stream)
 それに加えて、運が悪いと、漢字変換していない状態でチャームバーが登場し、その際に未確定の文字が確定してしまうことがあります。
 確定されてしまった未確定文字は、旅先のタブレットPC操作では、なかなか簡単に復旧できないので、そのままにしておいて、先に進むことにしていますが、見る度に不愉快になります。 (frustrated reminder of upset inputs) 因みに、常用しているメモ書きアプリには、再変換機能は付いていないのです。
 こうしたときに頼りにしている「マイクロソフトコミュニティ」に同趣旨の投稿があって、フォーラムモデレーターが、いろいろな技術資料を検討したものの、有効な対策はない、とのことです。
 この件の質問者は、管理者として、個々の使用者がシステム設定を容易に変更できるのは困るとの意見であり、当方とは事情が異なっています。
 当方にしてみると、チャームバーを呼び出したいときは、ちゃんと手順を踏んで呼び出すのであり、当方の手元のもたつきを見て、勝手に出てくるのは余計なお世話であり、当方の希望で停止できないのは、まことに困ったものです。(terribly uncomfortable)
 それでなくても、デスクトップアプリケーションで画面キーボードを出して入力操作しているときは、チャームバーは無用、と感じるのが順当、かつ、合理的な思考です。(completely reasonable customer desire)
 因みに、包み込み形式のケースの設計にも、若干問題があって、表示画面ぎりぎりまでケースを伸ばしているために、スレンダーなスタイラスならぬ、貫禄の付いた指が支えてしまうのであり、たとえば、画面キーボードを呼び出すタスクバー操作も不自由なので、もっと引っ込んで欲しいのですが、ともあれ、ケース設計者の意匠デザイン上のこだわりなのか、ほぼ、画面ぎりぎりの設計になっています。
 今回は、問題点の指摘だけで、解決策のない記事になってしまいました。
以上

2014年8月18日 (月)

タブレットPCだより 4(Voyo Winpad A1 Mini 32GB)

                                  2014/8/17

ここまでの個人的な利用感想

 以下は、個人の感想であり、当製品の効果、効用を保証しているものではありません。

 以下は、Voyo Winpad A1 Miniを批判するために書き出したのでは無いのですが、ご参考まで列記します。

  Windowsのアプリケーションは、大型(14型)、低解像度(640x480)のディスプレイを40センチメートル程度離れてみるように構成されているものです。

 近年は、さらに大型(21型)、さらに高解像度(1920x1080)に表示が拡大されたものの、依然として、当初の低解像度で拵えた大まかな表示を、画面サイズ相応に細かくしていったものです。
 さらに、項目の選択、クリックによる指示などに使用するマウスが解像度を高めていったので、きめの細かい画面作りになっています。
 デスクトップPCの本物のディスプレイモニターに本物のキーボードと本物のマウスを組み合わせたときには、史上空前の、高速、高度な情報処理が可能なのです。

 タブレットPCの画面は、一時を思えば、随分高精細度になって、10型程度の小さな画面で高解像度表示ができるものもありますが、以前から使用されているアプリケーションが、比較的小さな画面に、時に読むに堪えないほど、細かく表示されることに変わりはないのです。

 なお、「歩きタブレット」は、自身や他人に及ぼす危険からして論外としても、静止状態で操作しても、タブレットPCの画面タッチ処理に要求される精度は、普通人の手先、指先の動きの制御の限界を越えるものがあるため、デスクトップPCに合わせて開発されたアプリケーションを、画面解像度に合わせて縮小するだけでは、情報読取りも入力も、大変難しいもの(実際上不可能)になります。

 従って、従来のアプリケーション開発とは異なり、目の前の小さな画面に使用者が読み取れるように表示し、使用者の大まかな操作を受け入れるのに適した、言うならば、大まかな表示を行うアプリケーションが求められています。

 と言って、そうしたプログラム画面の構成法は、Androidタブレットで台頭してきたものであり、マイクロソフト社は、Windows8で「メトロアプリ」、「ストアアプリ」としてタブレットに適したアプリケーションを推進しています。

 これらの新世代アプリの画面構成、操作方法(ユーザインターフェイス)が、アンドロイドに代表される新世代モバイルアプリのそれに似ているところが多いのは、いわば、多様な使用者のおそらく大多数を占める使用者層の必要(ユーザーニーズ)に合わせたものであり、これからも、そうした変化の傾向(トレンド)は続くでしょう。

 車社会のアメリカと電車移動を多用する日本では、持ち運びできるタブレットPCに差があって、10型以上を多用するアメリカと7、8型が多い日本とが並び立っている次第です。筆者は、電車派なので、10型には、なかなか手が出せない次第です。

 筆者は、20年近くの間、七並べプログラムの開発、改良を、こつこつ進めているのですが、タブレットの画面に表示されたとき、読書用の眼鏡をかけても細かい部分が見えにくく、また、指先でのタッチ操作で的を外すのに閉口している次第です。

 時代は、それほどめまぐるしく変動しているわけでは無いのですが、万事片手間の素人プログラマーのこなしきれない程度のスピードではあります。

 というものの、電池の持ちが格段に長く、また、USB電源(DC5V-0.5A)充電ができる程度に消費電力が抑えられていることは、随分めざましいものであり、また、液晶画面の鮮やかなことは、時代の進歩を実感させてくれるものです。

 総合評価として、Voyoは、いい潮時に新製品をデビューさせたものであり、少し先行したAcer, Lenovoなど、一流メーカーに、いろいろ後れを取っている点はあるとしても、それは、周回遅れとか、半周遅れとか言うほどのものではなく、コストを考えれば、トップランナーの背中が視界に入っている程度の差では無いかと感じます。

以上

タブレットPCだより 3(Voyo Winpad A1 Mini 32GB)

                                     2014/8/12-16

海外版Windows Tabletの日本語キーボードレイアウト対応

 海外仕様のWindows8/8.1タブレットに日本語言語パックを導入して、日本語対応したとき、MS IMEなどでかな入力変換したいのに、画面キーボードとして英語キーボードが表示され、かな表記の入ったのでキーボードが表示されないときの対策です。

 

 この問題も、数日にわたって模索したのですが、最後の最後にネット検索に正解がヒットしたものです。

 この対応策は、レジストリーエディターを使って、レジストリーのキーボード定義を修正しますが、レジストリーエディターには、誤記チェック等の安全装置はありませんので、くれぐれもご注意ください。
 *言うまでも無いことですが、手順を間違えて「瓦」(スレート)になっても、筆者にも、紹介した記事の著者にも、補償することはできません。念のため。

 なお、今回のレジストリー修正は、Windowsの起動時に参照されるので、一旦、レジストリーエディターを終了しても、まだやり直しが効きます。誤入力が心配なら、しばらく時間をおいてから、レジストリーエディターを開始して、修正部分を再確認することができます。

 以下、元記事を引用しつつ、*で始まるコメントのように、記事の一部を修正、補充しています。

---引用始まり---
日本語キーボードを接続しているにも関わらず
英語配列になってしまっている場合の対処方法です。
※たとえばキーボードの@マークのキーを押しても 「 と表示されてしまう、等。

*本件は、タブレットPCであり、キーボードを接続しているわけでは無いの
  ですが、画面に英語キーボードしか表示されない問題の解決策でもあります。

※ここから下はレジストリを編集する操作が含まれます。

 誤った操作を行いますとパソコンが起動しないなどのトラブルが発生しますので
 レジストリの操作には十分ご注意ください。
*文字間違いを避けるには、下記記事からコピー、ペーストするのが無難です。
 また、慌てて処理を進めず、入力後、冷静になってから確認することです。

■日本語キーボードが英語配列の場合の対処方法
1.スタート画面の何もないところで右クリックして
 画面左下の「すべてのアプリ」をクリックします。

2.「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

3.regedit と入力してOKをクリックし
レジストリーエディターを開始します
*使用するのは、「レジストリーエディター」であることを補充しました。

4.HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters と開いていきます。

*タブレットの画面キーボードで操作するのは、視野が狭い上に、タッチ選択の的が小さくて難物ですから、可能であれば、外部にマウスとキーボードを接続したいものです。

5.LayerDriver JPN の値を右クリックして、修正をクリックします。

6.kbd101.dll になっている場合には、kbd106.dll に修正してOK をクリックします。

*原文は、kbf106.dllになっているので、訂正しました。
*毎度の繰り返しになりますが、「修正してOK をクリックします。」としました。

7.OverrideKeyboardIdentifier を PCAT_106KEY に修正
してOK をクリックします。

8.OverrideKeyboardSubtype を 2 に修正
してOK をクリックします。

9.OverrideKeyboardType を 7 に修正
してOK をクリックします。
*すでに7になっている場合は、修正の必要はありません。 

10.
レジストリーエディターを終了します。(ファイル保存などの手間は要りません)
*レジストリーエディターを終了することを補充しました。

11.画面右下をポイントし、メニューをだして、設定→シャットダウン→再起動させます。

---引用終わり---

 

当記事は、まことに貴重なアドバイスであり、公開いただいたことに感謝します。

 なお、ちょっと遠回りですが、周囲に日本語Windows7~8.1を導入済みのデスクトップPCがあれば、タブレットでの文字入力無しにレジストリーを修正する方法もあります。

1. そのPCで、レジストリーエディターを開始します。

2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parametersの項目を開いて、必要な項目をドラッグ選択しておいて、

3. ファイル-エクスポートでエクスポート範囲が「選択された部分」になっているのを確認の上、

4. わかりやすい場所、たとえばデスクトップに、わかりやすいファイル名(例:PCKey.reg)で保存し、

5. タブレットのデスクトップ(例)にファイル(PCKey.reg)をコピーして、デスクトップ上でファイルをクリックするなり、ダブルクリックするなりすれば、

6. レジストリーエディターでレジストリーを修正することになるので、気は確かかとの趣旨の警告があります。

7. 以上の手順を振り返った上で、自信をもって、レジストリーの修正を指示すれば、デスクトップPCの日本語キーボード設定のレジストリー設定項目がそっくりコピーして書き換えられ、確認のメッセージが出ます。

 

(恐怖の)レジストリーエディターは、表だって動作するわけで無く、ひっそりと呼び出されてひっそりと終了するのです。
 随分遠回りですが、確実さを重視するときは、この迂回策も一考の価値があるものと思います。
 デスクトップ機の大きな画面で見ると、修正内容に自信が持てるでしょうから、デスクトップ機のモニター画面を眺めては、タブレットに、項目ごとに転記するのが最善策かもわかりません。
 くれぐれも、恐れず、侮らず、平静な気持ちで取り組んでください。

以下、次回

タブレットPCだより 2(Voyo Winpad A1 Mini 32GB)

                           2014/8/12-16

 

海外版Windows Tabletの日本語表示文字化け

 この症状が現れるのは、Windows Meないしは、それ以前の古手のアプリケーションだけです。

 結局、具体的な症状でのネット検索にヒットしたMicrosoft コミュニティのアドバイスが正解でした。

 *言うまでも無いことですが、手順を間違えて「瓦」(スレート)になっても、筆者にも、紹介した記事の著者にも、補償することはできません。別項の対策のように、レジストリーエディターを使用するわけでは無いので、事故る可能性は、格段に低いのですが、念のため。

 Microsoft コミュニティ  メニューバー文字の文字化け

>コントロール パネル > 日付、時刻、または数値の形式の変更 > 管理 タブ > で、「Unicode 対応ではないプログラムの言語」は「日本語 (日本)」になっているでしょうか。

 指摘の通りだったので、 [システム ロケールの変更]で [日本語 (日本)] を選択して解決しました。

 

問題の背景

 Windows XP以降で、全世界統一で、文字コード体系がUniCodeに変更されています。あくまで個人的な意見に過ぎないのですが、これは、マイクロソフト社が人類文化の進歩に貢献した最大の業績と考えています。

 それまで、各国の言語、文字への対応は、それぞれの国独特の文字表示を行っていて、日本語Windowsの(漢字など全角2バイト文字)表示は、Shift-JISコードを基本とした拡張体系を採用していたのです。

 とは言え、従来の文字データをUniCodeに変換しないと読めないのでは、使用者に大きな負担がかかるので、UniCode以前の「非UniCode文字」は、自動的にシステムロケールの言語(ここでは日本語、つまり、Shift-JISコード基本)で表示する設定が自動的に適用されていました。
 舞台裏にこうした仕掛けがあるので、日本語版Windows XPを採用したPCにWindows ME時代以前のアプリケーションを走らせても、使用者は何も気にしないで済んでいたのでした。

 とは言え、何事も完璧と言うことは無く、US English版のWindows8/8.1をインストールして設定したシステムは、UniCode以前の「非UniCode文字」を英語の文字と判断して表示する設定になっていて、その後から日本語言語パックを導入してシステムの言語を日本語に変更しても、システムから英語を削除しても、この設定が変わらないようです。

 色々、迷い道に入って2日ほど模索したあげく、当日の17時過ぎ辺りに正解に辿り着いたのです。日本語表示の問題であるから、日本語に集中して検索すべきであったと反省しています。

 回答に感謝するメールの形で、中華タブレットの日本語化に伴って発生する問題であることを告知したので、わかる人にはわかるはずです。

 とは言え、これは、海外版のWin8 PCの導入時のつまずきの一例であり、FAQものではないかと思うのです。

以下、次回

タブレットPCだより 1(Voyo Winpad A1 Mini 32GB)

                                                                                              2014/8/12-16

 Windowsを組み込んだタブレットPC(「スレートPC」とも言う)には、しばらく以前から関心を持って見守っていて、何度か、モバイル機、ネットブックなど、身を以て試していたのです。

 当方は、この手の「機械」で大きな仕事をする気は無く、電子手帳の大型判程度で良く、PalmシリーズやSony Clieシリーズで繋いでいたのですが、スマホの影響もあって、この手のMIDがすっかり影を潜めてしまったので、Androidタブレット頼みになり、中国製(華流)を渡り歩いたものの、がらくた仕様からの進歩が遅くて、なかなか気に入るだけの性能、耐久性のものが手に入らず困っていたのです。

 最近登場したWindows 8 Tablet PCは、従来不満の的であった「スレートPC」と比べて、価格がAndroid同様に低くなり、一方、そこそこの高性能、タブレット形態でのタッチ操作に合わせたWindows8/8.1の採用で、やっと、Windows CE時代が忘却の果てに消えかけてから、評価できるところまで近づいてくれた感じがします。

 そして、国内でも大々的に推進されているAcer(エイサー)、Lenovo(レノボ)など、著名なメーカー以外に、国際的に有名で無いVoyo(永佳合一)から、同クラスの製品が登場し、「秋葉」の店頭に登場したことが報道されています。

 当方は、AliExpressから中国製雑貨類の試し買いを趣味にしているので、早速、買い付けたのです。

 とは言え、これまで、Androidタブレットの試し買いで随分散財して勉強したので、この値段で、報道されている仕様、性能であれば、買うべきだと感じたのです。 

 まさか、カタツムリなみの低速郵便とは行かず、航空宅配便(UPS Expedited)にしたところ、素早く届きました。

 8月12日の到着以来、いくつかの難関に出会いましたが、幸い、それぞれ解決のヒントが見つかって、「大けが」せずに乗り越えることができ、手に馴染んでいます。

 まずは、開梱、導入です。(写真無し)
 コンパクトな梱包に手際よく詰め込まれていて、特に、問題とする点はありません。

 通電して立ち上げると、US English設定Windows 8が導入されていますが、日本語版を上書き導入する必要は無く、「言語パック」をダウンロードして導入すれば(別ライセンスの必要無しに)日本語版Windows8と同等になる、と言う触れ込みです。

 なお、メーカーなり、販売店は、US English設定で順調に動作する製品を出荷しているわけです。
 Windows 8タブレットPCは、精密で高度な電子部品を組み立てていて、いい加減な生産、検査工程では、まともに動作させられないので、量産販売している以上は、水準の高いまともな製品と見るべきものです。(カーナビやMP3プレーヤーを流用したと思われる初期のAndroidタブレットには、量産製品とは思えない粗雑なものがありました)

 不都合なことが起こるとしたら、日本語化の過程で発生すると見て、取り組んだのです。

 内蔵Wifiは、いわゆる「技適」を取っていないので、実際に使用する事はできないことは、周知ですが、製品としての動作確認のために、内蔵WiFiでのLAN接続動作をテストしました。
 ところが、実際には、楽勝のはずの無線LAN接続に失敗してばかりでした。
 しかたなく、買い置きしてあったOTG-USBアダプター経由で、USBWifi子機(Planex GW450C)を接続すると、問題なくデバイスとして導入され、一発で自宅の無線LANに接続できました。
 再起動したところ内蔵Wifiが順当に動作したので、ハードウェアには問題なしと言うことです。何故当初接続できなかったかは、よくわからないので、記録にとどめるだけにしました。

 これで、日本語言語パックの導入や設定ができた(時間がかかった)のです。

 それにしても、タブレットの回転に同期して、きびきびと画面表示切替えされるのは心地よいものです。また、無線LANの立ち上がりが確実で、迅速です。これは、同程度の価格の最新Androidタブレットを上回っています。
 その後、Windows Updateが延々と続きました。

 本機は、USB経由とは別に同梱のACアダプターで充電することもできるので、長時間(徹夜)のデータダウンロードも、電池切れの心配が要らないのです。

 そうそう、こうした大量データ転送には、ジャンクになりかけていたUSB-LANがまことに有効でした。

 以下は、メーカーホームページの記事に、国内での紹介記事から補足を加えたものです。
    ブランド名: Voyo    型名: WinPad A1 mini
    CPU:         インテル Clover Trail+ 1.8GHz (Atom Z3735D)
    画面サイズ:       8.0型  1280x800
    搭載OS: Windows 8.1 (英文版)
    メモリー容量: 2GB     内蔵ディスク:  32GB    外部記憶: マイクロSD
    接続端子: マイクロUSB,ミニHDMI 
   ネットワーク: WIFI   ブルートゥース: 4.0
    カメラ:  前方200万画素、 後方200万画素

*外形寸法は書かれていませんが、Acer Iconia W4-820に比べると、液晶画面(同寸法)の外にスイッチを設けていない分、高さ方向が短縮されています。
*簡体字は苦手なので、以上の翻訳紹介が間違っている可能性はあります。

以下、次回

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ