今日の躓き石

権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。

2022年7月 4日 (月)

今日の躓き石 毎日新聞が蔓延被害拡大「リベンジ」~「球磨川」復興悲願に泥水

                             2022/07/04
 毎度のガセネタ批判であるが、今回は、当ブログに良くあるスポーツ面ネタではなく、「リベンジ」慣れしていない担当記者にとって、大変不愉快な記事になりそうである。題材は、毎日新聞大阪夕刊4版一面のど真ん中だから、夕刊読者には、すぐ目に付く。影響力が、スポーツ面の細切れ記事の比ではないので、それだけ、厳しく言わざるを得ないのである。別に、個人攻撃ではない。その証拠に、署名されてい名前には触れていない。

 いや、ここで批判している問題発言は、現地の関係者の談話であるから、いくら言葉遣いが汚いと言っても、それ自体は、その個人の自由だから、新聞社としてどうしようもない。知らずにご自分の顔に泥を塗っていると言うだけで、別に、地の果てのよそ者が聞きつけて、とやかく言うものではない。と言う言い訳が成り立ちそうだが、それは、随分情けないことになる。

 要するに、発言を聞いた記者が、それは、不適切な発言なので言い換えるべきだと丁寧に説明すれば、ご当人も、失言に気づいて、言葉を選べるからなんでもなかったのである。そうすることで、世間から、忌まわしい言葉の誤解・中毒の犠牲者を、確実に、少なくとも一人減らせていたのである。それが是正というものなのだが、それに記者が気づかず、間違った物言いを紙面に載せたから、事態は深刻なのである。
 これでは、日本中に「リベンジ」中毒患者が一段と蔓延するのである。
 現に、冒頭には、「川を恨むことなく自然と共存して」と切々たる言葉が語られている。全国紙夕刊記事としては、何も付け加えなくて良かったのである。まことに、つまらない失言のためにぶち壊すには惜しい記事ではないだろうか。

 このでかい記事で、水害をもたらした球磨川に血なまぐさく仕返しする「リベンジ」を目的と言われると、「球磨川」商標の譲渡という無上の好意に甘えながら、折角いただいた「球磨川」の名に、べっとりと泥を塗る発言をしたように全国報道されているクラウドファンディングに応じた諸兄姉も、球磨川を恨んで血なまぐさく復讐することに賛同して、大事な寸志を届けたのではないと思う

 そのような発言は、本位ではないと思うのだが、紙面には、そう書かれている。それは、「リベンジ」が、毒々しい、忌まわしい呪いの言葉だと知らない担当新聞記者が、何も考えずに誌面を汚したものであり、最終的には、そのような不都合な記事を配布した全国紙たる毎日新聞社の責任と言える。担当記者が、正しい言葉遣いを厳命されていて、それに背いたための失態としても、最終責任は、毎日新聞社にある

 それにしても、毎日新聞社には、紙面審査も、紙面校閲も無いのだろうか。

 毎日新聞社は、当記事に関し訂正記事を掲載し、合わせて、発言を「誤報」された方に謝罪すべきであろう。
 折角、気持ちをこめて発言したのに、深意に反する報道をしたのだから、それは、「真実の報道」という使命に背く重大な誤報である。

以上

2022年6月23日 (木)

今日の躓き石 MLBのなれ合い体質反映か NHKBS1の「友好的」発言

                     2022/06/23

 本日の題材は、NHK BS1のメジャーリーグ中継である。現地からの勝利投手インタビューで、「友好的」という発言が、NHK側からあって、ぎょっとした。

 周知のように、先日、本日の勝利投手が、9回に、相手チーム投手のノーヒットノーランを、偉業達成目前にぶち壊した打撃に対して、ネット上で、「思いやりに欠けた、非友好的な行為」と非難が出ていたのと関連しているように聞こえたのである。

 言うまでもなく、私情で手心を加えて、プレーに最善を尽くさないのは、「八百長」につながる敗退行為として厳重に禁止されているし、そのようななれ合いを、スポーツマンとして、プロフェッショナルとして、最も恥ずべき行為として排斥することは、メジャーリーグを含めたプロ競技の接待的、いや絶対的な規範である。(カナ入力誤変換ごめん)
 それが、現地メディアの一部では無視されているのかと、古手のファンは、しろうと、野次馬の無責任な無神経さを歎いているのである。

 まさか、正しかるべき公共放送が、忌まわしい「敗退主義」風潮に汚染されているとは思わなかった。

 今回のような失言は、希に、MLBだけでなく、NPB中継放送の一部解説者の口から漏れることはあるが、NHKの専門職(現地プロデューサーか)から、そのような途方も無い失言が出るとは、まことに情けないと思う。当人は、気軽に言い飛ばしているつもりでも、みんな、ちゃんと聞き取っているのである。

以上

追記:同日夜の「ワース?XMLB」で、キャスターが「友好的」と怒鳴るのを聞いて、げっそりしたのである。
 キャスターは、NHKの言葉を守る「規律」はないのか、NHK自体に「規律」がないのか、いずれにしても、「受信料返せ」である。

 大体、番組タイトルにけったいな名付けをしているのに、視聴者が聞き取れないように末尾を端折る/呑み込む「芸風」にも疑問がある。普通の視聴者にとっては、「ワース?」の有力候補は、「ワースト」である。そうでなく、不出来で耳慣れない「ワースポ」を押しつけたいなら、ちゃんと「ポ」が聞き取れるように発音すべきである。発音の明瞭さは、しゃべくり一本で喰っていくこの稼業の基礎の基礎ではないのだろうか。
 いや、キャスターは、アナウンサーでないので、発音不明瞭でもやっていけるのだろうか。「友好的」事件も、このあたりの子供じみた態度の一環かと思うのである。

 NHKは、正しい言葉の護り人であって欲しいと願って、受信料を払っているのである。

以上

2022年6月 6日 (月)

今日の躓き石 毎日新聞が賛美する「屈辱の歴史」 サッカーの対ブラジル対戦 「国辱」ものの見出し

                        2022/06/06
 今回の題材は、毎日新聞大阪朝刊14版のスポーツ面、「サッカー日本代表 きょうブラジル戦」と銘打った下馬評であるが、「屈辱の歴史に終止符を」と檄を飛ばしているが、当の代表にとって、何が「屈辱の歴史」か、選手達は、過去12戦全部に出場したわけでもないので、感じ取れないのではないか。「終止符を」撃てと言われても、誰がそんなに偉そうなことを言うのか、不思議に思っているはずである。
 要は、見当違いの「ボケ見出し」である。天下の毎日新聞にしては、随分不出来な見出しである。

 と言うと、記事本体も、時代物の屈辱、雪辱ものかと思うのだが、実際は、対戦経験者の談話も含めて、勝って当然のつまらない相手に負け続けている、とでも云うような時代錯誤の発言はないのである。もちろん、強い相手と闘って負けるのは、恥でもなんでもない。まして、「国辱」ではない。いわば、「カナリア軍団」にとって、日本チームは周回遅れであり、別に、立つはだかっていたわけでもないのである。
 自尊心は、場違いなところで示すべきではない。

 読み進めていくと、担当記者は、適確に記事をまとめていると見える。これまで強化してきた、「攻守の切り替えの速さ」とこれまで以上の頑強な守りを組み合わせて闘えば、十分勝機はあるという主旨であり、大人の姿勢であり安心できると一旦納得させる。

 いや、記事末に、署名記者が、どんでん返しで、突如、つまらない総括を付け足していて、そこで、気分が地に墜ち、泥にまみれるのだが、読者が感じる感慨と無関係な「ごみコメント」を感じるのが、記者の感性だとしたら、つけるクスリは無いのかも知れない。躓き石ならぬ、落とし穴である。金返せである。まして、見出しに取り出すのは、自爆である。このように、自国代表チームを侮辱して、勝つためには手段を選ばない状態に追い込むのは、全国紙のスポーツ面担当記者の「報道」の姿勢として、大変な愚策ではないだろうか。

 見出しは、本文の要約を示して、読者に「食欲」をわかせる「料理見本」の筈なのだが、今回は、記者のお粗末な感性が丸出しのとんだごみ見出しで、心ある読者が引いてしまうのである。天下の毎日新聞にしては、大変な失敗作である。それにしても、編集部門で、誰も、ダメ出ししなかったのが不思議である。担当記者を配置換えした方が良いのでは無いか。

以上 

2022年5月24日 (火)

今日の躓き石 毎日新聞がこだわる過去の遺物用語「ナイター」の怪

                                 2022/05/24
 今回の題材は、お馴染みの毎日新聞大阪朝刊14版のスポーツ面記事である。今日から開始する「日本生命セ・パ交流戦」の下馬評で、まことに結構な景気づけのはずである。そこで、開幕カードの紹介であるが、最後を「すべてナイターで行われる」と、粗相して、過去の遺物としたい「廃語」を述べているのは、何とも感心しない。この記事を概観すると、冠スポンサーも巻き込まれている感じがして、大変失礼である。

 それにしても、プロ野球界は、インチキカタカナ語「ナイター」によって、日本文化に大きな負の遺産を負わせたのだが、商標めいた使用で箔を付け「普及」させたことを大いに恥として、自らは厳格に排除し、他分野の「パクリ」利用については、新聞社などメディアの協力で使用を減退させ、風化を誘っているように見える。いや、一読者の勘違いかも知れないが、日々の報道から消えていった言葉を感じ取っている。
 ところが、毎日新聞は、そのような動きに反発しているのか、ここに、堂々と紙面に出ているのは、何とも、情けない話である。

 毎日新聞朝刊スポーツ面に掲載されれば、当然、多くの読者が目にし、口にし、廃語の風化は大きく後戻りするのである。担当記者は、自分の記事が、大勢の関係者の努力を無にしていると気づいていないのだろうか。

 それにしても、毎日新聞社は、署名記事の校閲をしないで、事足れりとしているのだろうか。定期購読者としては、ここで、ささやかな文句を言うしかないのである。

以上

2022年4月25日 (月)

今日の躓き石 誤解・誤訳の始まり 否定表現の「和英」食い違い

                  放送 2022/04/20    2022/04/25

*否定的意見の「誤訳」
 NHKの番組の「クイーン」ブライアン・メイのインタビューで、インタービューアー(日本人と聞こえた)が、"I don't think you are powerless."と言うべき所を"I think you are not powerless."と言っていて、ちと引っかかった。
 要するに、「あなたは無力ではないと思う」が日本語語法であるが、これは、英語の語法と食い違うのである。powerlessなる単語自体の否定的な意味と文章の否定表現が、話者の脳内で入り交じって、「誤訳」したらしい。

 当文型は、日本人英語の典型であり、日本人の言葉遣いを(正確に)逐語訳したら、英語として間違いになる一例である。権威ある公共放送が、英語文を英語語法で語らないのは異様に聞こえたが、別に、個人攻撃ではない。随分上級者でも、このあたりは勘違いするようである。
 大人の日常会話では、相手は訂正してくれない。日本人と会話を重ねると、共通した「誤訳」と気づくからである。日本人全体に説教もできないから、失礼にならないように、顔色も変えず、調子を合わせるのである。

 当方は、晩学の英会話教室で、講師が、同級生に考え違いを指摘したのを聞いた覚えがある。要するに、英語は、否定形の文を伝えるのでなく、自身の意見として否定するのである。もちろん、普通、中高生事項ではないが、遥か昔の中学生時代にNHK第二放送のラジオ英会話で聞いた気がするから、一切説明(教育的指導)がないわけではないのだが、学校の英語の時間に、教わっていない人が大半と思う。

 英会話は、互いの意志が通じれば良い、堅苦しい文法談義はいらない、というのは、多分、自分自身理解できていない、不勉強な英語教師の逃げではないだろうか。生徒達には、日本語と英語の文法と背景文化の違いを知らせるべきである。そうで無くても、生徒達は、英語は実社会では「不要」だからテストに出ることだけ囓っているのだから、こうした通訳機にできない、本当に大事なことは、念入りに仕込んでおくべきである、と素人は思う。

*イエスかノウか 「誤訳」の始まり
 これと、多少関係があると思えるのが、Yes, Noの誤解である。疑問文に対する応答で、日本語と英語の、「はい」、「いいえ」と"Yes", "No"が逆転するのは、少し注意深い人なら、「躓き石」として自覚しているはずである。
 つまり、疑問文が、否定的な内容のときに"Yes"(肯定的)見解は、疑問の否定なので日本語では「いいえ」になる。吹き替えで字幕表示しているときは、食い違いが目に見えるが、大抵の方は聞き流しているだけだと思う。
 この齟齬は、アメリカの政治家にはいらだたしいもので、外交論議で「日本人がYesと言っても、実はNoだ」と「日本人英語の怪」なる「ジョーク」の定番になっている。プロの通訳は、当然、こうした齟齬に気づいているが、外交官は、誤解しているかも知れない。いや、日本語で「はい」と答えるべく時は、つい、頷いてしまうから、首を縦に振りつつ、Noと否定する器用な回答になってしまうのである。

 因みに、そのような齟齬を避けるために、まず、見解を平叙文で述べてから、「肯定的(positive)か否定的(negative)か」問い掛けて、誤解を避けることがある。但し、そのような背景を知らない素人は、状況にお構いなしに「ポジティブ」、「ネガティブ」を一人歩きさせて、混乱を招くのである。「壁」を越えた意思疎通は、難しいのである。

*古代史の躓き石~目に見える勘違い
 古代史論者古田武彦氏は、議論の盛り上がったところで、断定的否定を「否(ノウ)」のカタカナ書きで念押ししたが、議論に混乱を呼び込んで、否定のダメ押しになっていないのであった。

 当ブログの定番は、古代史論の主張の正確な理解には、対象時代、文明にない「ことば」、自明な代表例としてはカタカナ語、を一切使わないというせめてものお願いである。古田氏は、際だって著名な論客なので、あえて名指ししたが、単に一例に過ぎない。適確な文意理解には、文字、単語の解釈では不十分で、文脈、前後関係の理解が不可欠なのである。

 いや、ここは、個人批判の場ではない。要するに、古代史論議で、中国史書解釈が迷走するのは、文字、単語の解釈への時代錯誤の介入から始まって、用例解釈が的外れの場合が、多々あるという事である。勘違いの不朽の系譜である。

 いや、指摘されて気づくようなら、とうに、自覚しているだろうから、言うだけ徒労の感が強いのである。山火事に柄杓で水をかけるようなものなのだが、せめて、一人でも、誰かが気づいてくれれば、ささやかな改善になって欲しいと思い、コツコツ書き残しているのである。

                                以上

2022年4月 5日 (火)

今日の躓き石 囲碁界の悪弊か、主催紙の混迷か、本因坊の「リベンジ」宣言か

                        2022/04/05
 今回の題材は、毎日新聞大阪朝刊14版「総合・文化」面の本因坊戦挑戦者決定報知である。主催紙としては、挑戦手合いへの先触れであり、大変重要な位置付けと思うのだが、最終部分に書かれた暴言が全てをぶち壊している。

 多分、署名した記者の創作なのだろうが、自紙の金看板たる本因坊が、直前の他社主催棋戦でタイトルを失ったことに対して、重大な恨みを持って、今回は、血の報復を目論んでいると、わざわざ報道する意図が不明朗である。本因坊は、どす黒い復讐心をかき立てないと、手合いに臨めないような心構えとみているのだろうか。いや、そのように報道することが、自紙の品格に傷を付けるとは思わないのだろうか。二人がかりで、このようなお粗末な下馬評記事を書くとは、困ったものである。なぜ、「棋界最高タイトルに、さらに栄誉を重ねたい」などの格調高い言い方ができなかったのだろうか。言うまでもないと思うのだが、「リベンジ」は、知勇訳聖書で厳禁されているものだから、キリスト教徒以外にも、回教徒にとっても、罰当たりであり、それ故、天の裁きの代行として、報復テロを正当化しているものなのである。

 いや、当世は、若者にはやっている「ダイスケリベンジ」が大安売りで、むしろ、気軽に罰当たりなことばを口にする原因となっているのだが、当記事は、「罰当たりな」若者ことばを知ってか知らずか、テロリスト紛いの永久復讐戦思想が語られているのである。カタカナことばの不確かな理解を、勝手にこじつける言い方と理解して書いているのだろうか。

 毎日新聞は、天下随一の名声を持つ全国紙であり、当記事は、そのような権威にもたれかかると言うより、ぶち壊すものになっていると感じるのである。

以上

2022年4月 3日 (日)

今日の躓き石 NHKBS1 「トレールランニング」の「リベンジ」蔓延防止 まだ遅くないか、もう遅いか

                                                     2022/04/03

 本日の題材は、「トレールランニング」なるスポーツの参加者の発言であった。随分苛酷な耐久走だし、尊敬に値するフェアなスポーツだと思っていたのだが、「リベンジ」発言があって、幻滅した。どうも、山間疾走で、人目のないところがあるから、時には、身体攻撃があって、仕返しがある世界と聞こえた。それにしても、NHKが、そのような危険な発言を無修正で流すのには、恐れ入った。
 公共放送は、受信料の一部を投入して、身体を張ってでも、問題発言を阻止するものではないのだろうか。英語の国際放送で流れたら、盛大に顰蹙を買うこと必至である。

 選手が、「やった」、「やられた」、「やり返す」、「血祭りに上げてやる」などと公言する野蛮なスポーツは、こどもたちが真似しないように、放送から外すべきではないだろうか。

 報道するというのは、泥まみれ、血まみれの事実をむき出しに放送することでは無いと思うのである。少なくとも、今回の放送の分は、受信料を返して欲しいものである。

以上

2022年4月 1日 (金)

今日の躓き石 NHKBS 「ワースト」シーズンの始まりか、改善のシーズンか

                         2022/04/01

 いよいよ、MLBのシーズン開幕が近づいて、NHKBS1の看板番組の開幕が先行している。

 今年気づいたのは、「ファイブツール」の紹介により、「オールラウンダー」なる、罰当たりで「借り物」のデタラメカタカナ語を、MLB解説の世界から葬り去ったということである。いや、“Die hard”に、比較級、最上級があるという説に従うと、まだ、端緒についたに過ぎないのであるが。

 つづいて、「セットアッパー」追放の気概が明言されたのだが、これは、コメンテーターが、ずぶりと蒸し返して幻滅だが、多分、再発は防止されるものと期待している。少なくとも、NHKBSの本体では、罰当たりな失言は消滅するものだろう。

 因みに、当番組のタイトルの発声の批判は、別に「ナイトメア」、いや、”Night Mayor”、「闇市長」を気取っているわけでは無い。単に、発音が幼くて、スポーツの”P”音が、正確に破裂音に聞こえないだけである。「ワースポ」なんどという英語は無いから、よほど丁寧に発音しないと、善良な視聴者の耳に入らないのである。恐らく、キャスターは、正確に発音しなくても叱られないのだろう。何とか、自覚して欲しいものである。

 それはそれとして、選手発言やら、背景の語り手が、なぜ、無神経に「リベンジ」「同級生」と怒鳴り散らすのか、理解に苦しむ。それとも、関係者一同、言っても治らないと見放されているのだろうか。

 と言うことで、やかましく言っても、なかなか通じないので、しつこく言うのだが、公共放送の務めは、罰当たりなことばの蔓延を、少しでも減らすことにあるように思うのである。別に、大金を投じて「ことば狩り」しろというのでは無い。これ以上、罰当たりな「カタカナ」語の蔓延を防止するように、各人が各人の務めを果たして欲しいだけである。

 因みに、今回、週末回で起用された新人は、口調が平静で、キッチリ「子音」が発言できていて、安心して聞き流せるのである。年寄りは、とかく耳が遠いから、くっきり話して貰わないと、ことばが耳に入らないのである。と言って、大口を開けろというのではない。普通の口元の動きで、きちり発音できるのが、「弱者」に優しいプロと思うのである。

以上

2022年3月26日 (土)

今日の躓き石 毎日新聞 「圧巻」の剛腕エースの暴言「リベンジ」の蔓延 

                     2022/03/26
 今回の題材は、毎日新聞大阪朝刊第14版「スポーツ」面のプロ野球戦評である。昨シーズンの大活躍に続いて、「チームに12年ぶりの開幕戦勝ち星をもたらした」と絶賛なので「気合を入れ」たことについて、別に何も言う事はない。
 ところが、ひと息入れた後「リベンジの意味で強い気持ちを持って投げた」と、とんでもない暴言で全てぶち壊しである。自分で自分の顔に泥を塗っているのだが、こういう見苦しい談話は、オフレコに願いたいものである。誰もが、言葉遣いのお手本としている全国紙に、このような無様な発言が出ては、こどもたちが真似するので、大変困るのである。

 一流プレーヤーは。一流の談話を期待されているのだが、この「リベンジ」は、球界で広く蔓延している「ダイスケリベンジ」でなく、前時代の忌まわしい、血塗られた暴言である。とんでもない失言であるが、それを麗々しく取り上げた記者の書きぶりは、とんでもない失態である。全国紙の紙面にあってはならない、テロリスト紛いの発言は、報道すべきではなかった。

 それにしても、一流選手が、相手チームの投手に向けた個人的な恨みを動機に闘っていたとは、困ったものである。大事なのは、チームの勝利ではなかったのだろうか。何より、自分一人の勝手な感情で闘われては、大変な迷惑である。選手達は、そのような目先の復讐心を糧にしないとマウンドに立てないのだろうか。

以上

 

 

2022年3月23日 (水)

今日の躓き石 毎日新聞 シドニー便り 見出しで選手に泥塗る「リベンジ期す」

                          2022/03/23

 本日の題材は、毎日新聞大阪朝刊14版スポーツ面で、W杯豪州戦の前祝いの筈なのだが、一選手の個人的な感慨をでかでかと書き立てる記事であり、「リベンジ期す」と大見出しにしても、何も読者に通じない暴言を見出しにしているのは、何としても、不都合な暴走である。

 大体が、日本代表が勝ち進むことが、唯一最大の目的であるべきなのに、個人的な復讐心をでかでかと書き立てるのは、全国紙の報道姿勢として、大いに疑問である。しかも、記事を読んでも、選手が、誰を復讐の血祭りに上げようとしているのか不明では、「金返せ」である。
 少し読むと、どうも、2018年大会の予選のオーストラリア戦で、召集されなかったのを恨んでいるようだが、それなら、当時の指導者をぶちのめすべきである。いや、せいぜい、今になって見返してやると言う事でしかなく、復讐の血祭りに、オーストラリアチームや現在の指導者を的にするのは、見当違いである。その程度の区別がつかないとしても、選手として、場所柄に相応しくない言動は控えるべきである。こどもたちが、わけもわからずに真似するのである。

 それにしても、全国紙記者ともあろうものが、選手の不穏な言動をそのまま報道するのは、どういうつもりなのだろうか。それが、毎日新聞スポーツ報道の党則なのだろうか。

 真剣に言うと、選手の真意は、そのような暴言にはないはずである。適正な報道で、選手のスポーツマンシップ、不屈の努力を讃えるのが、報道の本道ではないだろうか。それとも、記者は、絶えず、誰かに恨みを抱いて生きているのだろうか。
 それとも、南半球で、季節と重力方向が逆転して、頭に血が上ったのだろうか。(苦笑)

以上


 

 

より以前の記事一覧

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ